top of page

台湾初のオープントップバス、2016年末より運行

台湾初のオープントップバス、2016年末より運行

2016年6月17日、台北市政府観光伝播局主催の「台湾初オープントップバス」 に関する記者会見が行われた。

台湾初となるオープントップバスは、三重客運、台湾租車旅遊集団、三普旅遊集団が 合同運営し、2016年末に運行開始する予定。 二つの路線を設け、共に台北駅から出発し主要観光地を走行する予定。 (101、華山1914文化創意産業園区、永康街、遼寧街夜市、西門町、北門、花博公園、士林官邸、故宮博物院 等) 乗車券は300台湾元以内を予定している。

<記者会見の様子>

S__5513267

<オープントップバス模型>

S__5513262

関連記事

阿里山森林鉄道5枚セットのコレクション乗車券、最後の1枚を販売

阿里山森林鉄道を管理する阿里山林業鉄路及文化資産管理処が7月6日、全線運行再開に合わせて奮起湖駅~阿里山駅区間の記念乗車券を699枚の数量限定で発売しました。この記念乗車券は、2020年、2021年、2022年12月25日に発行された記念乗車券と、2023年11月20日の祝山駅の駅舎リニューアル開業の際に発行された記念乗車券と全5枚でワンセットとなり、乗車券の裏面には路線図が描かれていて5枚を並べ

台東国際バルーンフェスティバル開幕、今年で14回目

台東県鹿野郷で7月6日、今年で14回目の開催となる「台湾国際熱気球嘉年華 (台湾国際バルーンフェスティバル)」が開幕しました。今年はサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」の50周年をテーマに、14カ国から40機を超える熱気球が参加しています。開催期間は8月19日までの45日間。 初日となる7月6日は早朝より開幕式がおこなわれ、21機の熱気球が飛び立ちました。来場者数は花蓮地震の影響から例年に比

外交部、訪日時の携帯品について注意喚起

6月に日本へ入国した台湾人旅客の1人が、申告が必要な20万円を超える市価の金のネックレス(約131グラム)を着用していた為に税関で没収されたと外交部が明らかにしました。該当の旅客は別室で6時間拘束され、携帯電話も没収されました。外交部は、訪日時には貴重なアクセサリーや宝石はできるだけ携帯しないよう呼びかけています。 台湾日本関係協会の范振国秘書長は、大幅な円安と金相場の上昇、更に日本の消費税が10

Comments


bottom of page