top of page

台湾初のレストランバス、14日より運行開始

12月9日、台北市観光伝播局は観光バス運行業者、五つ星ホテル、リージェント台北(晶華酒店)と協力し、台湾初となる二階建ての「台北レストランバス」をお披露目しました。

天井を含めてどこも広いガラス窓が施されており、乗客は死角なしで台北市内の風景を眺めながら高級ホテルの食事を楽しむことができます。

各テーブルにはアクリル製のドリンクホルダーが取り付けられ、走行中にグラスが動くのを防ぎます。

MRT市政府駅から出発し、観光スポットとして超高層ビルの台北101や国父紀念館など台北を代表するランドマークを走行します。

月曜日を除く毎日、アフタヌーンティー1便とディナー2便を運行し、毎便1時間半~2時間かけて移動します。 アフタヌーンティーでは特製バーガーやブラウニー、マカロン、マドレーヌなどに、ディナーでは牛肉のワイン煮込みやマッシュルームのクリームスープなどのコース料理に舌鼓を打ちます。

値段はアフタヌーンティーで2人1800台湾元、ディナーは2人3240元となります。

9日正午から公式サイトで予約を受け付けています。 14日より運行開始です。

台北レストランバス https://taipeirestaurantbus.com/Sanjin

関連記事

マレーシア、出入国自動化ゲート利用対象に中華民国を追加

外交部が5月24日、マレーシアの出入国審査の自動化ゲート利用対象に中華民国パスポート所持者が6月1日より追加されると発表しました。政府は、中華民国パスポートが自動化ゲートを利用出来る国を増やそうと働きかけており、マレーシアが10番目の国となります。 マレーシアの自動化ゲートの利用には申請が必要で、初回は一般の外国人用の入国審査レーンに並び、手続きをおこないます。出国からは自動化ゲートを利用可能で、

重要無形文化財「豊前神楽」が台湾公演を予定、7月に

5月21日に開設された福岡県豊前市台北連絡処が、重要無形民族文化財に指定されている「豊前神楽」の台湾で初めての公演を7月におこなう予定であると発表しました。また、台湾の祭りばやし「陣頭」の「八家将」との文化交流も予定しています。 豊前市の後藤元秀市長は、重要無形文化財である豊前神楽を台湾の人たちへ初めて見せることが出来、嬉しく思うと述べ、台湾の人たちへ豊前神楽を知ってもらい、台日文化交流を促進した

スターラックス航空が台北-香港線の就航を発表、7/16より

スターラックス航空が台北(桃園)~香港線を7月16日より運航開始すると発表し、5月27日より販売を開始しました。1日2便、週14便の運航を予定しています。機材はエアバスA330-900型、A350-900型、ワイドボディ機が使用されます。運航スケジュールは下記の通りです。 JX231 台北(桃園) 08:00 - 香港 09:40 毎日運航 JX235 台北(桃園) 16:50 - 香港 18:3

Comentários


bottom of page