top of page

台湾大学が国際政経学院を新設、開設式典を開催

国立台湾大学の徐州路キャンパス(台北市中正区)で5月6日、2月に教育部の承認を受け新設された国際政経学院の開設式典が開催されました。国際政経学院には政治経済、ファイナンス、リーダーシップとマネジメントの学士課程、修士課程、博士課程が設置されます。開設式典には蔡英文総統や、台湾積体電路製造(TSMC)など7社の協力企業の代表らが出席しました。


蔡総統は、コロナウイルス流行以降の世界の政治経済情勢は変化が著しく、台湾は地政学的に重要な位置にあるので、多分野の視点を備えた人材育成が必要であると指摘しています。

関連記事

屏東大学日本語学科の学生、鹿児島県で日本語・文化研修のチャンス

今年1月に屏東県と友好交流協定を締結した鹿児島県が実施している「海外日本語・日本文化研修」で、屏東県の学生へ10名の参加枠を提供することになりました。この研修は鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター(KAPIC)に委託して実施されています。 現在、国立屏東大学応用日文系応用日本語学科で参加者の選定がおこなわれており、来年の2月に10日間の日程で文化研修がおこなわれます。参加者は往復航空券と3万円を

日本台湾交流協会と政治大学、研究者育成支援のMOU締結

日本台湾交流協会が、5月27日に政治大学歴史学科・台湾史研究所と日本研究者育成支援事業に関する協力のMOUを締結したと発表しました。日本を研究対象として博士号を取得した人へ、同協会が支援して「日本研究ポストドクター研究員」として同大学で雇用する仕組みが設立されました。同協会が同様のMOUを締結したのは、昨年の中興大に続いて2校目となります。支援事業の募集要項は、近日中に公開されます。

防災教育の台日交流、新北市でセミナー開催

教育部と日本台湾交流協会が共同で5月23日、防災教育に関する国際セミナー「全国防災教育人員知能與成長精進暨防災教育國際實務経験研討会」を新北市で開催しました。セミナーには、日本台湾交流協会の門田健太朗主任と日本の防災専門家3名が招かれ、日本の防災教育の経験を紹介しました。 セミナーでは今年3月に宮城県を訪れて交流をおこなった防災教育人員がその経験を紹介し、3名の日本の専門家の講演後、実際に防災教育

Comments


bottom of page