top of page

台湾観光局、パラオ旅行解禁に向け検討

台湾の交通部観光局は友好国であるパラオとの間で 入境後の隔離期間を免除する「トラベルバブル」を実施する計画をしており、 10月16日に中央流行疫情指揮センターと検討がされる予定です。

現時点では未定となりますが、トラベルバブルを実施する際は PCR検査の陰性証明、海外旅行保険の加入、自由時間のない団体旅行限定といった条件が設けられる予定です。

関連記事

医療機関などでのマスク着用、「義務」から「推奨」へ

新型コロナウイルス対策により2020年12月1日より義務化されていた医療機関、介護施設でのマスク着用が、5月19日より「義務」が解除されて「推奨」へ調整されます。今回のマスク着用義務の解除で、台湾のすべての場所でのマスク着用義務が解除されることになります。 推奨に調整されますが、体調が優れない場合や、妊婦や高齢者、病院や人が密集する場所へ赴く場合にはマスクを着用するよう注意を呼びかけています。

交通部観光署、台湾観光の新キャッチフレーズとロゴを公開

交通部観光署が5月6日、台湾観光PRの新たなキャッチフレーズ、ロゴなどを公開しました。2011年より13年間使用したキャッチフレーズ「Heart of Asia」から、新しいキャッチフレーズは「Waves of Wonder」となり、ロゴのTAIWANの文字は、台湾の山脈、海洋、道路や鉄道をイメージした曲線を使用したデザインとなっています。 観光署の周永暉署長は、新しいキャッチフレーズやロゴなどは

Comments


bottom of page