top of page

台風第6号による影響について(続報)

台風第6号による影響のご報告を致します。


<会社、学校、公共機関の営業状態>

南投県(一部)・嘉義県(一部)・高雄市(一部)・台東(一部)は、

自然災害休業休校措置法により、

公共機関・施設の休業・休館の発表がされました。

台北市、新北市、基隆市などは通常通り出勤と発表がされました。


<国際線>

遅延、キャンセルが発生しています。

最新の運行状況は下記参照


<国内線>

遅延、キャンセルが発生しています。

最新の運行状況は下記参照


<列車(台湾鉄道)>

現時点、一部運休となっております。状況により運行を見合わせます。

最新の運行状況は下記参照(日本語)


<新幹線>

現時点、通常通り運行しています。

最新の運行状況は下記参照(中国語)


<MRT>

通常通り運行しています。

最新の運行状況は下記参照(中国語)


<MRT空港線>

通常通り運行しています。状況により運行を見合わせます。

最新の運行状況は下記参照( 日本語)


<台北オープントップバス>

通常通り運行しています。

最新の運行状況は下記参照( 中国語)


<猫空ロープウェイ>

8/4一日運行停止となっております。

最新の運行状況は下記参照(中国語)


<ツアー運行状況>

2023-08-04(金)

午後1時以前出発のOP・・・ 中止

午後1時以降出発のOP・・・予定通り催行


<その他補足事項>

2023-08-04(金)

十分滝      通常営業

故宮博物院    通常開館

中正記念堂    通常開館

衛兵交代式    通常実行

鼎泰豐(全店舗) 通常営業 

台北101      通常営業

関連記事

鹿児島県伊佐市、友好協定を結ぶ花蓮市へ義援金

今年1月に花蓮市と友好交流協定を締結した鹿児島県伊佐市より、被災地への義援金100万円が花蓮市の義援金専用口座へ寄付されました。4月3日の地震の発生後、伊佐市は4月4日より5月17日まで市役所内に募金箱を設置して義援金を募りました。花蓮市の魏嘉彦市長は、伊佐市と伊佐市民からの援助に深い感謝を示しています。 伊佐市の橋本欣也市長は、被災地の一日も早い復興を願っていると述べ、また、花蓮県政府や日夜救助

花蓮を訪問の「在台日本人花蓮応援団」、蕭美琴副総統と面会

花蓮の観光復興応援の為に6月8日から1泊2日の日程で同県を訪問した「在台日本人花蓮応援団」が、6月9日に文化施設「松園別館」で蕭美琴副総統と面会しました。蕭副総統は花蓮に10年間住んでいたことがあり、訪問団を歓迎し、観光復興の為に花蓮を訪れてくれたことへ感謝を示しました。 面会がおこなわれた「松園別館」は日本統治時代に建設された旧日本軍宿舎を活用した文化施設で、4月3日の震災の前には1日当たり30

台湾在住日本人らが花蓮を訪問、観光復興を応援

4月3日に発生した地震により打撃を受けている花蓮の観光復興を応援しようと、台湾在住の日本人による「花蓮応援団」約40名が6月8日、1泊2日の日程で花蓮を訪れました。 日本台湾交流協会台北事務所の片山和之代表も自費で参加し、ホエールウォッチングや原住民の生活体験など、複数の観光スポットを巡りました。 取材に応えた片山代表は、旅行の様子をフェイスブックなどのSNSで紹介し、より多くの日本人に花蓮に遊び

コメント


bottom of page