top of page

台風第9号による影響(8/9現地時間12:00​時点)

<台北市内の状況> 台風9号(レキマー)は進路を更に北寄りに修正し、台北市内は現時点では特に大きな影響は出ておりませんが、 引き続き突風とにわか雨に注意が必要です。

<会社,学校,公共機関の営業状態> 本日(8月9日)次の地方は、 自然災害休業休校措置法により、 公共機関・施設の休業・休館の発表がされました。 ●北部地區 ・基隆市 休み ・台北市 休み ・新北市 休み ・桃園市 休み ・新竹市 休み ・新竹縣 休み ●中部地區 通常通りです。 ●南部地區 通常通りです。 ●東部地區 ・宜蘭縣  休み ●離島地區 ・連江縣 休み

<国際線> 遅延、キャンセルが発生しています。 最新の運行状況は下記参照 桃園空港 http://www.taoyuan-airport.com/japanese/live-flight 松山空港 http://www.tsa.gov.tw/tsa/ja/flights.aspx?id=1014&airFlyLine=1#

<国内線> 遅延、キャンセルが発生しています。 最新の運行状況は下記参照 松山空港 http://www.tsa.gov.tw/tsa/ja/flights.aspx?id=1106&airFlyLine=2#

<列車(台湾鉄道)> 一部列車は運行を停止しています。 また、一部列車は午後から運行再開となります。 最新の運行状況は下記参照(日本語) https://www.railway.gov.tw/tra-tip-web/tip

<新幹線> 一部列車は運行を停止しています。 最新の運行状況は下記参照(中国語) http://www.thsrc.com.tw/tw/Operation

<MRT> 通常通り運行しています。状況により運行を見合わせます。 最新の運行状況は下記参照(中国語) https://www.metro.taipei/News_Content.aspx?n=30CCEFD2A45592BF&sms=72544237BBE4C5F6&s=2C830104EB90E339

<MRT空港線> 通常通り運行しています。状況により運行を見合わせます。 最新の運行状況は下記参照(中国語) https://www.tymetro.com.tw/tymetro-new/tw/_pages/news/show-816-1.html

<台北オープントップバス> 8/9一日運行停止となっております。 最新の運行状況は下記参照(日本語) https://www.taipeisightseeing.com.tw/jp/news

<猫空ロープウェイ> 8/9一日運行停止となっております。 最新の運行状況は下記参照(中国語) https://www.gondola.taipei/

<ツアー運行状況> 2019-08-09(金) 台北市内観光・・・催行 朝九分観光・・・中止 朝十分観光・・・中止 朝九分十分観光・・・中止 烏来観光・・・中止 花蓮日帰り・・・中止 北海岸(中正公園)&テレサ墓参り・・・中止 九ふん観光と新北投、淡水観光・・・中止 淡水日帰り・・・中止 午後九分観光・・・催行 夜九分観光・・・催行 夜十分観光・・・催行 夜九分十分観光・・・催行

<その他補足事項> 2019-08-09(金) 十分滝は休業となっております。 野柳地質公園は休業となっております。 故宮博物院は休館となっております。 北投温泉博物館は休館となっております。

関連記事

高鉄台中駅直結の複合所業施設、26年末にオープン予定

台湾高速鉄路(高鉄)の台中駅に建設される駅直結の複合商業施設「台中高鉄娯楽購物城(台中高鉄エンタテインメントショッピングシティ)」が、6月30日に着工されることが発表されました。第一期のショッピングセンターは2026年末のオープンを予定しています。 ショッピングセンターは地上8階、地下2階建てで、延べ床面積は10万2,865坪となる予定で、台北101モールの4.8倍の広さで台湾最大のショッピングセ

日本統治時代の古民家リノベ「楽埔町」、リニューアルオープン

台北市中正区の歴史建築「錦町日式宿舍群(樂埔町)」の修復工事が完了し、6月1日にリニューアルオープンしました。文化局は2013年より日本統治時代から残る古民家などを修復、再利用する「老房子文化運動計画」を進めており、「楽埔町」もその計画のひとつで、2013年に1,900万台湾元を投入して修復がおこなわれ、2015年に運営が開始されました。今回は2023年11月中旬より営業を停止し、1,700万台湾

台中港に亜果遊艇のヨット埠頭、2028年完成予定

会員制ヨットクラブなどを運営する亜果遊艇開発が5月29日、台中港で国際ヨット埠頭を2期に分けて建設すると発表しました。敷地面積は水域を含む10.77ヘクタールで、三井台中港Outlet Mallの傍に位置します。 8月3日に契約の署名式と起工式がおこなわれ、収容可能数49隻の第1期は今年の年末までに完成、運用開始予定です。第2期は収容可能数52隻、2026年に着工し2028年4月の完工を目指します

Comments


bottom of page