top of page

国泰商旅のマディソン台北、プレオープン

国泰商旅(キャセイ・ホスピタリティ・マネジメント)傘下の高級ビジネスホテルブランド1軒目となる「台北慕軒(マディソン台北)」が台北市大安区にプレオープンした。地上13階建てで総客室数は124室。イタリアンレストラン「ガストソ」とウィスキーバー「アーバン331」を併設する。「従来のビジネスホテルが提供してこなかったサービスの提供」がコンセプトだ。信義区の台北君悦大飯店(グランドハイアット台北)、Wホテル台北などの高級ホテルの利用者層を狙うと見られ、競争激化が予想されます。  国泰商旅は昨年台北市に2軒開業した第1ブランド「HOTEL COZZI(ホテル コージー)和逸」の業績が好調で、今後は台南や高雄にも進出する予定で同社は今後1年に1軒ペースで開業を計画しています。

関連記事

ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ、レストラン改装工事のお知らせ

ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ(台北老爺大酒店)ですが、下記期間中にレストランの改装工事が行われます。 期間:2024/08/05~2024/09/06 時間:毎日08:30~17:30 範囲:三階レストラン 広東料理[明宮] ※工事期間中、ホテルは通常通り運営します。 ※工事対象外の客室、ロビーなどの高級エリア、レストラン、宴会場及び会議室には影響なく通常通りご利用いただけます。 ※期間内

リージェント台北、平均客室単価が前年比10%上昇

晶華国際酒店(シルクスホテルグループ)が7月17日に業績説明会を開催し、台北晶華酒店(リージェント台北、台北市中山区)の今年上半期の客室稼働率は75.26%、平均客室単価は5,800台湾元(約2万7,800円)で前年同期比10.18%上昇したと発表しました。コロナ期間で台北市内の観光ホテルの客室数が21%減少、アフターコロナで旅客数が回復してホテルの需要が増加しており、客室単価の上昇が続く見通しと

ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ、ホテル外壁(裏側)メンテナンス延長のお知らせ

ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ(台北老爺大酒店)のホテル外壁(裏側)のメンテナンス工事は、ホテル事情により工事期間が延長となりました。 変更前:2024/06/10 ~ 2024/10/15 変更後:2024/06/10 ~ 2024/12/12 時間:毎日08:30~17:30 範囲:全館 ※期間中、ホテルは通常通り営業を行います。 ※工事対象外の客室、ロビーなどの公共エリア、レストラン、

Comments


bottom of page