top of page

国際クルーズ船、受け入れ再開

港湾運営会社の台湾港務公司(TIPC)は1月12日、3月から年末まで計58隻の国際クルーズ船が台湾の港湾に寄港すると明らかにしました。

述べ32隻が基隆港を母港とする予定です。


2020年2月6日、新型コロナウイルス感染症で台湾の寄港が禁止されて以来、3年ぶりに初めて国際クルーズ船が台湾に寄港して母港を利用することになりました。


関連記事

茨城県の特産品や観光の魅力を紹介するイベント「いばらき大見本市」が2月5日から2月9日まで、台北市信義区の松山文創園区(松山カルチュラル&クリエーティブパーク)第3倉庫、第4倉庫で開催しています。 茨城県の食品メーカーや観光業者など40社が参加し、台湾の食品バイヤーや旅行会社約100社と商談する予定です。

麗宝集団傘下の福容大飯店 (フーロンホテル)は2月3日、今後6年間で100億台湾元以上を投じてホテル8軒を開業する計画だと発表しました。 4~6月に高雄市前金区と南投県水里郷、7~12月に嘉義、来年から5年で台北市のMRT円山駅そば、南投県埔里鎮、屏東県東港鎮、台東県成功鎮、澎湖県馬公市、現在の15軒から23軒に増えると明らかにしました。

ゲーム業界の展示会、台北ゲームショー (台北国際電玩展) の一般向け展示が2月2日から2月5日まで、台北南港展覧館ホール1館で開幕しました。 25カ国の275社がブース1000小間以上を出展し、250種のゲームソフトやハードウエアなどを展示しました。 台北ゲームショー 公式サイト https://tgs.tca.org.tw/visit_info.php

bottom of page