top of page

国際線乗り継ぎ客から空港施設利用料を徴収へ

交通部は3月14日、国際線の乗り継ぎ客に対し、31日以降に1人当たり500台湾元の空港施設利用料を徴収すると発表しました。

航空券発券時に運賃などと共に支払うことになります。


新型コロナウイルス感染症対策で増加した空港設備やサービスの関連費用について、利用者負担の原則に基づいて導入すると説明しました。


関連記事

高鉄の利用者数が大幅成長、混雑解消は27年以降の恐れ

台湾高速鉄路(高鉄)の利用者数がコロナ後大幅に成長しており、3月の利用者数は679万6,713人と単月での最多利用者数を更新しました。また2024年第1四半期の利用者数も1,947万9,401人と過去最多となり、昨年比10.8%増加しています。 自由席車両を3車両から5~8車両に増加していますが、ラッシュ時には乗り降りに影響が出る程の混雑具合であると不満の声が出ています。昨年は3度増便し、週1,0

台湾初のデジタル海洋生態テーマパーク、台北市立動物園近くに建設へ

台湾初のデジタル海洋生態テーマパーク建設のBOT計画について5月13日、台北市政府と光禹グループが契約を締結しました。投資額46億台湾元(約220億円)、2028年までに着工し、2033年に開業予定です。駐車場を含む建設計画は、台北市立動物園(台北市文山区)の近くの敷地面積13ヘクタールの用地に水族館、商業施設、宿泊施設などが建設される予定です。完成後は、年間100万人の来園を見込んでいます。

微風広場でVIPイベント「微風の夜」、売上高は過去最高に

ショッピングセンターの微風広場(ブリーズセンター)で5月10日夜、年に1度のVIP客向けイベントの微風の夜「Parisian Night 浪漫巴黎之夜」を開催しました。微風グループによると売上高は14億6,000万台湾元(約70億2,000万円)で、昨年比4.3%増、過去最高額となりました。また、1,000万元以上の購入は20人、100万元以上の購入は139人で、どちらも昨年より増加しました。 微

Comments


bottom of page