top of page

基隆タワーと信二防空洞、試運営で無料開放

基隆市は12月4日、新たなランドマークとして期待されている「基隆塔(基隆タワー)」と「信二防空洞」を、12月5日から10日に試運営のため無料での参観を解放すると発表しました。試運営期間の営業時間は基隆タワー(解放区域は1階と、崆書屋を除く最上階)が午前10時から午後10時まで、 信二防空洞と扇形廣場が午前10時から午後6時までです。


基隆の地下は、台湾で最も防空壕が密集しており、信二防空洞のその一つです。戦後、環境部が清掃道具の保管場所として利用していましたが近年になって改修が開始されました、信二防空洞からエレベーターで地上の扇形広場へ出ると、徒歩で基隆タワーへ移動が出来ます。

関連記事

「国宴」で展示の国旗カラーのランの花、桃園空港に

新総統就任の晩餐会「国宴」で展示されたランの花30株が、桃園空港第2ターミナル到着ロビーで展示が開始されました。このランの花は新総統の就任式に参列した来賓の出身国の国旗の色に、台湾の企業が開発した特殊な菜のスプレーで色付けされています。桃園空港は、台湾の農業科学技術の実力を示すだけでなく、台湾と友好国の厚い友情を象徴していると述べています。展示期間は6月上旬まで予定。

台北の「北門」、6月より修復へ

台北府城建設140年を記念し、台北市の古跡「北門」の修復が6月より開始されます。台北市の蔣萬安市長が5月22日、近隣の小学生8名らと通常は立ち入ることが出来ない2階部分へ上がりました。蔣市長は、北門が100年の栄華を受け継ぎ、「希望の台北」を切り開くと期待を寄せました。 台北府城の門として1884年に落成した北門は1998年にも修復されており、今回の修復も1998年の修復に携わった建築師の楊仁江氏

牡丹社事件の石門古戦場、史蹟碑の除幕式を開催

屏東県で5月22日、牡丹社事件150週年紀念活動がおこなわれ、県定史跡に登録された石門古戦場の史蹟碑除幕式がおこなわれました。除幕式に出席した屏東県の周春米県長は、恆春半島の屏東から世界に向け、和平の信念を伝えたいと示しました。 牡丹社事件は、1871年に台湾南部に漂着した宮古島島民54人が、原住民族のパイワン族に殺害されたことから始まった一連の事件で、1874年5月22日に牡丹鄉石門峽谷で日本軍

Comentarios


bottom of page