top of page

大台南会展中心、オープンへ

総工費20億台湾元を投じて建設された複合型コンベンションセンター、「大台南会展中心(ICC TAINAN)」が4月21日にオープンしました。 台湾高速鉄道の台南駅から南へ徒歩約5分の距離に位置し、1階では少なくとも7,000人あまりを収容可能となります。

頼清徳・副総統は、オープニングセレモニーに出席し、同施設では今後各種の見本市と国際的な会議が開かれるほか、コンサートにも適した施設を目指したと説明しました。

大台南会展中心(中国語、英語) https://www.icctainan.com/

関連記事

高雄MRT「蜜柑駅長」、オリジナルグッズ専門店がオープン

高雄市の高雄MRTの左営駅に7月13日、高雄MRTのネコ駅長「蜜柑駅長」のオリジナルグッズを販売する「蜜柑站長専売店」がオープンし、 高雄市の陳其邁市長や市のマスコットキャラクターの高雄熊がお祝いに駆け付けました。陳市長は、野良猫から駅長となった蜜柑駅長の高い人気にあやかり、市の観光促進につなげたいと述べました。 高雄MRTは今年の蜜柑駅長の経済効果は、初めて1,000万台湾元を突破すると見込んで

東京で台南産マンゴー試食販売会、黄市長もPR

台南市の黃偉哲市長が7月12日、東京都品川駅近くの三越伊勢丹グループのエムアイフードスタイルが運営するスーパー「クイーンズ伊勢丹」品川店で、台南産マンゴーの発表と試食販売会をおこないました。 販売されたマンゴーは、今年3月に東京で開催された食品の見本市「FOODEX JAPAN 2024」で日本企業から注文を受けた25トンのうちの一部です。価格は2,000円、1,200円、1,000円の3種類。

中正紀念堂、ホールでの儀仗隊交代式を取りやめ

1969年の中正紀念堂開館時より44年続いた銅像ホールでの儀仗隊交代式のパフォーマンスが、7月14日で取りやめとなりました。7月15日からは場所が中正紀念堂正面の「民主大道」に移され、午前9時から午後5時の毎時ちょうどに15分間のパフォーマンスがおこなわれます。雨の場合はおこなわれません。 文化部は銅像ホールでのパフォーマンス取りやめについて、個人崇拝や権威主義崇拝から脱するためで、国民党独裁期に

Commentaires


bottom of page