top of page

大台南会展中心、9月30日に完成

台南高速鉄道特定区で総工費20億台湾元を投じて3年前から建設が進められていた大台南会展中心(大台南コンベンションセンター)が9月30日に完成しました。 大台南コンベンションセンターは、台湾高速鉄道の台南駅から南へ徒歩約5分の距離にあります。

会議棟、展示棟、駐車棟に分かれています。 展示棟は、標準スキームのブース601小間を収容可能で、高さ12メートル以上の無柱空間を実現しました。 会議棟は3階建てで、さまざまなサイズに対応できる会議室を多数揃えています。 駐車棟は乗用車550台が収容可能となります。

関連記事

台湾観光PR電車「ビビビビ!台湾号」、京急電鉄で運行

交通部観光署は日本の景品休校電鉄株式会社(京急電鉄)の協力のもと、6月7日より台湾観光PRの特別ラッピング電車「ビビビビ!台湾号」の運行を開始しました。同日、東京品川駅にて発車セレモニーがおこなわれました。運行期間は9月28日まで。 ラッピング電車の車体には「台湾」の文字がデザインされています。車内広告は台湾各地の観光スポットを紹介する特別デザインのものを掲示し、「パイナップル車両」「茶葉車両」「

鹿児島県伊佐市、友好協定を結ぶ花蓮市へ義援金

今年1月に花蓮市と友好交流協定を締結した鹿児島県伊佐市より、被災地への義援金100万円が花蓮市の義援金専用口座へ寄付されました。4月3日の地震の発生後、伊佐市は4月4日より5月17日まで市役所内に募金箱を設置して義援金を募りました。花蓮市の魏嘉彦市長は、伊佐市と伊佐市民からの援助に深い感謝を示しています。 伊佐市の橋本欣也市長は、被災地の一日も早い復興を願っていると述べ、また、花蓮県政府や日夜救助

台南市、札幌市のYOSAKOI祭りでマンゴーをPR

北海道札幌市で6月5日から9日にかけての5日間「YOSAKOIソーラン祭り」が開催され、台南市がブースを出店、台南応用科技大学ダンス学科のチームがパフォーマンスに参加しました。33回目となる今回のイベントには、250以上のチーム、約2万人の踊り手が参加し、大賞のチームには台南市からマンゴー1年分が贈られました。 6月8日には台南市の黄偉哲市長も会場に訪れ、台南産マンゴーをPRしました。ブースではマ

コメント


bottom of page