top of page

屏東県「牡丹社事件」150周年、石門古戦場を県定古蹟に登録

屏東県政府と牡丹鄉公所(役所)の共同で、「牡丹社事件」から今年で150周年を記念した一連のイベント開催を予定しています。「PEACE/平和」と「Marasudj/団結と協力」をコンセプトとし、パイワン族の伝統模様、石門の険しい地形とパイワン語を組み合わせたデザインのロゴを、5月14日に発表しました。また牡丹社事件記念日の5月22日には、県定古蹟として登録される石門古戦場の「県定史蹟碑」の除幕式と、「牡丹旅客中心(牡丹ビジターセンター)」の開幕式がおこなわれます。


「牡丹社事件」は、1871年に台湾に漂着した宮古島島民がパイワン族に殺害されたことをきっかけとして、日本軍の台湾出兵に至るまでの一連の事件を指します。県定古蹟に登録される石門古戦場では、パイワン族の牡丹社や高士佛社と日本軍の激しい戦いが発生しました。

関連記事

台東国際バルーンフェスティバル開幕、今年で14回目

台東県鹿野郷で7月6日、今年で14回目の開催となる「台湾国際熱気球嘉年華 (台湾国際バルーンフェスティバル)」が開幕しました。今年はサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」の50周年をテーマに、14カ国から40機を超える熱気球が参加しています。開催期間は8月19日までの45日間。 初日となる7月6日は早朝より開幕式がおこなわれ、21機の熱気球が飛び立ちました。来場者数は花蓮地震の影響から例年に比

帆船で台湾一周、460人の児童・教員がリレー方式で

宜蘭県蘇澳港で7月5日、大型帆船2艘でリレー方式で台湾を一周するプロジェクトの出発式がおこなわれました。プロジェクトは宜蘭県立岳明国民中小学(小中一貫校)が企画したもので、海に近い台湾の学校36校に呼びかけ、合計460人の児童・教員が参加します。蘇澳港を出発後、反時計回りで28日かけて台湾周辺海域を一周します。1,939キロメートルの航路で、途中で中国福建省に近い離島の東引や金門、台湾海峡の離島の

台北101展望台、上半期の入場者数が3割成長

台北101(台北市信義区)の統計によると、2024年上半期(1~6月)の101展望台への入場者数は前年同期比3割増加、コロナ前である2019年の85%まで回復しました。入場者び8割以上が外国人旅客で、中でも韓国人旅客が最多でした。 台北101のショッピングモールは昨年から今年にかけて国際ブランド店のリニューアルやオープンが続き、売り上げが安定して成長しています。また夏休み期間の7月1日~9月30日

Commentaires


bottom of page