top of page

屏東県のプロモーション動画、カンヌ世界映画祭受賞

昨年末に屏東県が作成した観光プロモーション動画「屏東多向度(Multidimensionality)」が

カンヌ世界映画祭で「最優秀観光動画賞」を受賞しました。


動画は活き活きとしたスピードと明るい色彩で屏東の「廣度、彩度、深度、高度」を表現しています。

屏東県知事は、美しい風景は国際レベルに飛躍しており、世界中から観光客が屏東を訪れ述べました。

生き生きとしたスピードと明るい色彩で地元の風景を表現し、屏東の広さ、彩度、深さ、高さ、

そして激しさを示していると県知事の周春美氏は述べた。

国境以南の美しい風景は国際レベルにまで飛躍しており、世界中から観光客が屏東を訪れ、

ディープな旅を楽しんでほしいと述べました。



関連記事

交通部観光署、台湾観光産業の表彰式を開催

交通部観光署が台北圓山大飯店(グランドホテル台北)で2月22日、台湾の観光産業に貢献した国内外の団体及び個人156人へ感謝し表彰する「2024觀光節慶祝大會頒獎典禮(観光節祝賀大会兼表彰式)」を開催しました。観光節祝賀大会兼表彰式の開催は3年ぶりとなります。 今回の表彰式では「台灣觀光特別貢獻獎(台湾観光貢献特別賞)」が京浜急行電鉄株式会社(京急電鉄)の原田一之取締役会長へ贈られました。京急電鉄と

猫空ロープウェイ、別府ロープウェイと友好協定を締結

台北市文山区の猫空ロープウェイが2月22日、大分県の別府ロープウェイと友好協定を結びました。また、来年2月21日までの1年間、友好協定を記念したキャンペーンがおこなわれます。猫空ロープウェイ動物園駅、別府ロープウェイ別府高原駅と鶴見山上駅の3ヶ所に友好協定のポスターが設置され、猫空ロープウェイのポスターと一緒に写真を撮って別府ロープウェイのチケット販売所でその写真を提示すると往復乗車券が約2割引き

野鳥に関するMOU、鹿児島県出水市と台湾野鳥保育協会が締結

毎年1万羽以上の渡り鳥が渡来し日本最大のツルの渡来地である鹿児島県出水市が2月22日、台湾野鳥保育協会と野鳥の観察や保護に関するMOUを締結しました。交通部観光署雲嘉南浜海国家風景区管理処の許宗民処長が立ち合い、出水市の椎木伸一市長と台湾野鳥保育協会の姜栄寛理事長がMOUへ署名をおこないました。 出水市は2017年に南投県埔里鎮と姉妹都市協定を結び、2023年より台湾野鳥保育協会との交流を始めまし

bottom of page