top of page

岩手県岩泉町の中学生ら、嘉義県を訪問・交流

岩手県岩泉町教育委員会の佐々木隆幸総括室長が率いる岩泉中学校、小川中学校、小本中学校の生徒たちが12月11日、嘉義県の新港國中(中学校)を訪問し、交流しました。生徒らは新港國中のほか、香林國小(小学校)、竹崎高中(高校)、忠和國中(中学校)も訪問し、カリキュラムに参加して交流を深めます。


嘉義県と岩手県岩泉町の交流は東日本大震災後、嘉義県議会の、被災した子どもたちを癒したいという思いから、岩泉町の中学生を嘉義県へ招く事業が開始しました。新型コロナウイルスの影響で中断していましたが、嘉義県議会や呉鳳科技大学の教員らの協力を受けて再開されることとなりました。

関連記事

岳明国民中小学の帆船で台湾一周プロジェクト、澎湖に到着

宜蘭県立岳明国民中小学(小中一貫校)が企画した大型帆船「光腳号」と「阿莫号」の2艘でリレー方式で台湾を一周するプロジェクトが台湾本島の西側に位置する離島の澎湖諸島へ到着し、7月17,18日に現地の小学校6校の生徒らと合流して教育交流をおこないました。生徒らは帆船で望安島や七美島などの離島を訪れ、航海をしながら海の生態系や海洋ゴミの問題について理解を深めました。 7月5日に宜蘭県の蘇澳港を出発した一

建国高校マーチングバンド、早大等の吹奏楽部と交流

台北市立建国高級中学(高校)を中心とした、台北近郊の高校や大学10校57人からなるマーチングバンドチーム「楽旗聯隊」が、7月15日から23日の日程で訪日し、東京近郊の高校や大学の吹奏楽部と交流をおこなっています。7月16日には早稲田大学応援部、吹奏楽部、チアリーディング部と交流をおこない、早稲田大学の大隈記念講堂でお互いにパフォーマンスを披露しました。 「楽旗聯隊」は早稲田大学のほか、東海大学付属

山口県防府市の学校給食に嘉義県産パイナップル

山口県防府市の中学校15校で7月9日、嘉義県産パイナップルが給食のデザートで提供され、嘉義県の翁章梁県長が防府市立国府中学校を訪れ、生徒らと一緒に嘉義県産パイナップルを味わいました。また、「台灣神農獎」を受賞した経験のある生産者で打猫果菜生産合作社理事主席を務める陳映廷さんが、生徒らへパイナップルの育成や生産環境、甘さの秘密や栄養価を紹介しました。 嘉義県産のパイナップルは今年既に650トン以上が

댓글


bottom of page