top of page

彰化県の扇形車庫、建設100周年

日本統治時代の1922年に完成した彰化県の扇形車庫は、今年で建設100周年を迎えます。

扇形車庫とは、機関車を方向転換させる転車台(ターンテーブル)と、それに合わせて扇のように弧を描いた形状に作られた車庫のことです。


交通部台湾鉄路管理局は12月4日、歴代の鉄道車両計14台を扇形車庫に集め、建設100周年の祝賀イベントを行いました。


関連記事

高鉄台中駅直結の複合所業施設、26年末にオープン予定

台湾高速鉄路(高鉄)の台中駅に建設される駅直結の複合商業施設「台中高鉄娯楽購物城(台中高鉄エンタテインメントショッピングシティ)」が、6月30日に着工されることが発表されました。第一期のショッピングセンターは2026年末のオープンを予定しています。 ショッピングセンターは地上8階、地下2階建てで、延べ床面積は10万2,865坪となる予定で、台北101モールの4.8倍の広さで台湾最大のショッピングセ

台湾観光PR電車「ビビビビ!台湾号」、京急電鉄で運行

交通部観光署は日本の景品休校電鉄株式会社(京急電鉄)の協力のもと、6月7日より台湾観光PRの特別ラッピング電車「ビビビビ!台湾号」の運行を開始しました。同日、東京品川駅にて発車セレモニーがおこなわれました。運行期間は9月28日まで。 ラッピング電車の車体には「台湾」の文字がデザインされています。車内広告は台湾各地の観光スポットを紹介する特別デザインのものを掲示し、「パイナップル車両」「茶葉車両」「

エバー航空、焼肉の乾杯とコラボ機内食を発表

長榮航空(エバー航空)が6月5日、焼肉チェーン店の乾杯グループと提携した機内食を7月1日より提供すると発表しました。コラボ機内食が提供されるのは、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、ニューヨーク行き路線。また、この他の路線での提供については、注文量や乗客の感想を参考に検討すると述べています。 提供されるメニューは一年かけて開発されたもので、エコノミークラスでは牛バラ肉焼肉、プレミアムエコノミ

Comments


bottom of page