top of page

復興航空のLCC「Vエアー」、9月就航へ

復興航空のLCC「Vエアー」、9月就航へ

復興航空(トランスアジア・エアウェ イズ)の林明昇董事長は、傘下の 格安航空会社(LCC)、威航空(V エアー)について、9月の就航を目指す と表明。 同時に台湾黒熊(ツキノワグ マ)の胸元にVマークをデザインした キャラクター「威熊」を取り入れたロ ゴマークを発表した。 Vエアーは桃園国際空港を拠点とし、 片道3~5時間の東京や大阪、バンコクなど、台湾と航空自由化(オープンスカ イ)協定を締結する国の4~6都市に就 航し、2年目の黒字転換を目指す。 初年 度はエアバスA321型機2機とA320型 機1機の3機体制だが、2016年までに 7機まで拡大する計画だ。なお林董事長は、既存のLCCのよう にシート幅を狭めて乗客を詰め込むよう なことはしないと強調。 就航拠点決定 後、復興航空と共同でキャンペーンを打ち出すと語った

関連記事

参議院親台湾派「TY会」が訪台、外交部などを訪問

日本の参議院の親台湾派グループ「TY会」の8名が7月2日から5日にかけて訪台しました。7月3日、外交部の林佳龍部長が午餐会を開き、訪問団を歓迎しました。午餐会にはTY会から6名と、防安全研究院の陳明祺執行長、日本台湾交流協会台北事務所の片山和之代表などが出席し、国際情勢、中国の軍事動向、台湾と日本の経済・貿易・産業協力などについて意見交換をおこないました。 「TY会」は「台湾(Taiwan)友好(

阿里山森林鉄道5枚セットのコレクション乗車券、最後の1枚を販売

阿里山森林鉄道を管理する阿里山林業鉄路及文化資産管理処が7月6日、全線運行再開に合わせて奮起湖駅~阿里山駅区間の記念乗車券を699枚の数量限定で発売しました。この記念乗車券は、2020年、2021年、2022年12月25日に発行された記念乗車券と、2023年11月20日の祝山駅の駅舎リニューアル開業の際に発行された記念乗車券と全5枚でワンセットとなり、乗車券の裏面には路線図が描かれていて5枚を並べ

Comments


bottom of page