top of page

承億文旅の新ホテル、2022年に高雄で開業

ホテル運営会社の承億文旅(ホテルデイプラス)グループは、高雄市の亜洲新湾区で、2022年に五つ星ホテル「承億酒店」と共に26階にあるレストラン「Papillon(パピヨン)」を開業する計画です。 フレンチレストラン「Joël Robuchon(ジョエル・ロブション)」のミシュラン二つ星シェフ「Xavier Boyer(グザヴィエ・ボワイエ)」を招聘したと発表しました。

承億文旅ホームページ:https://www.hotelday.com.tw/jp/index.html

関連記事

ミシュラン「セレクテッドレストラン」、台南市から新たに3軒

国際的なグルメ評価雑誌「ミシュランガイド」の台湾グルメを紹介する「ミシュランガイド台湾」で、「セレクテッドレストラン」に新たに8軒のレストランが掲載され、台南市からは3軒が加わりました。 台南市の黃偉哲市長は、今年の1~4月にも台南市から4軒が「セレクテッドレストラン」に加わっており、今回の3軒の追加で台南市は「ビブグルマン」35軒、「セレクテッドレストラン」26軒の合計61軒の掲載となったとし、

雲品国際酒店、台東に日本統治時代建築の宿泊施設

台東県にある日本統治時代の歴史建築、台東市北町日式建築宿舎群と旧台東駅機関車庫の入札が昨年12月におこなわれ、高級ホテルを運営する雲品国際酒店(FDCインターナショナルホテルズ)が賃貸権を獲得しました。雲品国際酒店は5月6日、傘下ブランド「君品コレクション」へ運営を委託し、今年の第4四半期に宿泊施設とレストランとしてプレオープンの予定であると発表しました。 台東市北町日式建築宿舎群は日本統治時代の

リージェント台北、設備メンテナンスのお知らせ

リージェント台北(台北晶華酒店)ですが、 設備定期メンテナンスに伴い、下記期間中ご利用いただくことができません。 期間:2024/5/27(月)  全日 範囲:B3 ヘルスクラブ(ジム、サウナ) ※メンテナンス期間中、ホテルは通常通り営業となります。 ※日程はあくまでも予定です。状況によっては変更の場合がございます。 ===================== リージェント台北/台北晶華酒店 ht

Comments


bottom of page