top of page

教育部など共同で、高校生「防災大使」育成キャンプ実施

学生の防災意識の向上の為、教育部と経済部水利署、內政部消防署、農業部農村発展及水土保持署が共同で推進している「防災青年國際領袖培訓計畫(防災青年国際リーダー育成計画)」が、国立成功大学で10月2日に「第4屆防災青年國際領袖營(第4回防災青年国際リーダーキャンプ)」を実施し、台湾各地から選抜された高校生、専門学校生が参加して防災知識を学習しました。参加者は全ての課程を修了すると教育部より防災大使に任命され、防災教育推進のサポートを行います。


参加者の学生は今後、日本の高校生と交流し、日本の防災教育について理解を深めます。昨年の第3代防災大使の26名の高校生は、今年1月下旬に宮城県を訪れ、ホームステイを通じてその地域の防災について学習しました。

関連記事

「世界で最もロマンティックな鉄道」只見線の写真展、MRT松山駅で開催

福島県金山町と台北MRT運営会社の台北捷運公司が提携し、2月24日よりMRT松山駅の構内にて郷土写真家である星賢孝氏の作品を展示する写真展「療癒特急・只見線」を開催しています。観覧無料、開催期間は3月3日まで。 只見線は福島県会津若松市から新潟県魚沼市までを走る路線で、沿線の自然溢れる風景から「世界で最もロマンティックな鉄道」とも称され、撮影愛好家や鉄道ファンが多く訪れる聖地となっています。豪雨災

蔡総統、台湾ランタンフェスティバル開幕式に出席

台南市で開催されている「2024台灣燈會(ランタンフェスティバル)」の高鉄会場の開幕式が2月24日の夜に開催され、蔡英文総統が出席しました。蔡総統は任期8年となり、総統としてのランタンフェスティバル開幕式への出席は最後の機会となります。台湾ランタンフェスティバルは今年で35回目を迎え、台南市での開催は16年ぶりです。 蔡総統は開幕式の挨拶で、同時に台南市で開催されている台湾国際蘭展のPRもおこない

高雄市「ラバーダック」、展示期間終了

高雄市のの愛河湾で1月27日より展示されていたオランダの芸術家フロレンティン・ホフマンさんの作品で巨大な2羽のアヒル「ラバーダック」が、2月25日で展示期間が終了しました。高雄市は25日夕方に「小鴨歡送趴(ラバーダック送別会)」を開催、船に牽引された2羽のアヒルが午後5時過ぎに合流し、高雄市内の小学校の吹奏楽部や合唱団の音楽と共に、集まった見物客に見送られました。展示期間中に「ラバーダック」の見物

bottom of page