top of page

新北市瑞芳区と熊本県上天草市、「猫」が縁の友好交流協定

熊本県上天草市の堀江隆臣上市長ら訪問団が新北市を訪れ、4月15日に新北市瑞芳区と友好交流協定を締結しました。瑞芳区には「猫村」として有名な猴硐が、上天草市には「猫の島」の愛称を持つ湯島があり、猫が緣での協定締結となりました。猫の他にも、漁港やサイクリングなど、観光や産業で共通点を多く持っています。


双方は今年1月、台北駐大阪経済文化弁事処福岡分処の仲介によりオンラインで交流を開始しました。協定締結により関係の緊密化を図り、観光、文化、建設、教育などの分野でお互いの優れた部分を学び合っていきたいと期待が寄せられています。

関連記事

九州訪問の台南市長、イオン九州とMOU締結

台南市の黄偉哲市長が熊本県を訪問し、6月1日にイオンモール熊本でおこなわれた台湾フェアの開幕式に出席しました。また黄市長は同日、イオン九州の中川伊正代表取締役社長と友好交流に関するMOUを締結しました。双方の飲食文化、農業や漁業の産品、食品の宣伝の協力を継続的におこなうことを確認しました。 黄市長は2日、福岡ソフトバンクホークス会長で台南市の栄誉市民の王貞治氏と面会し、「台南400」の記念野球ボー

台湾プロ野球のチアガール、東京ドームで台湾フルーツをPR

農業部が5月29日、東京ドームで開催された読売ジャイアンツ対ソフトバンク戦で台湾フルーツのPRイベント「台湾果物ブランドデー」を開催し、台湾プロ野球チームの富邦ガーディアンズと楽天モンキーズのチアガール4人が果物宣伝大使として参加しました。農業部は読売ジャイアンツへ、パイナップル40箱(約400キロ)とマンゴー20箱(約100キロ)を贈呈しました。 イベントに参加した農業部の胡忠一政務次長は、昨年

玉名市長が高雄市を訪問、国際芸術祭へ高雄市長を招待

熊本県玉名市の蔵原隆浩市長が5月27日、熊本県と友好関係にある高雄市を訪問しました。玉名市は日本台湾文化芸術交流会の協力のもと、7月13,14日に第1回玉名市国際芸術祭を開催予定で、高雄市の陳其邁市長へ参加を要請しました。両市長は文化・パフォーマンス、観光・温泉、学生教育の協力などについての意見交換の他、各市のマスコットキャラクター「タマにゃん」と「高雄熊」のぬいぐるみを交換しました。

Comentarios


bottom of page