top of page

新型肺炎対策で台中市内のタクシー消毒を開始

台中市は2月17日より合法タクシーの消毒サービスを実施する事を決定しました。

ドアノブ、後部座席、トランク部分の消毒を強化し乗客が安全にタクシーを利用できるようにする他、 市民にはナンバープレートが「白地に赤字」の消毒がされた合法タクシーを利用をするよう呼び掛けています。

関連記事

リージェント台北、平均客室単価が前年比10%上昇

晶華国際酒店(シルクスホテルグループ)が7月17日に業績説明会を開催し、台北晶華酒店(リージェント台北、台北市中山区)の今年上半期の客室稼働率は75.26%、平均客室単価は5,800台湾元(約2万7,800円)で前年同期比10.18%上昇したと発表しました。コロナ期間で台北市内の観光ホテルの客室数が21%減少、アフターコロナで旅客数が回復してホテルの需要が増加しており、客室単価の上昇が続く見通しと

建国高校マーチングバンド、早大等の吹奏楽部と交流

台北市立建国高級中学(高校)を中心とした、台北近郊の高校や大学10校57人からなるマーチングバンドチーム「楽旗聯隊」が、7月15日から23日の日程で訪日し、東京近郊の高校や大学の吹奏楽部と交流をおこなっています。7月16日には早稲田大学応援部、吹奏楽部、チアリーディング部と交流をおこない、早稲田大学の大隈記念講堂でお互いにパフォーマンスを披露しました。 「楽旗聯隊」は早稲田大学のほか、東海大学付属

Comments


bottom of page