top of page

新竹県に高齢者向けリゾートホテル型高級住宅オープン

新竹県関西鎮に10月12日、不動産仲介大手の台湾房屋グループが高齢者向けのリゾートホテル型住宅エリア「亞洲健康智慧園区」をオープンしました。環境、温泉、飲食、医療、介護が一体となった施設で、全388戸のうち8割の販売タイプの住宅は完売、2割の賃貸タイプの住宅は約400人が契約待ちの状態です。


「亞洲健康智慧園區」は 台北医学大学附設医院による「北医樂齢門診センター」や週に一回の無料清掃サービスのほか、プール、サウナ、SPA、図書館、カラオケ、農場、卓球などの運動設備など、様々な施設があり、また、国内初の温泉付きの高齢者向け住宅となっており、天然の木材を使用した温泉を備えています。台湾房屋グループの彭培業総裁は、来年には日本の高齢者向け住宅と提携して相互利用を可能にしたいと述べています。

関連記事

高雄MRT「蜜柑駅長」、オリジナルグッズ専門店がオープン

高雄市の高雄MRTの左営駅に7月13日、高雄MRTのネコ駅長「蜜柑駅長」のオリジナルグッズを販売する「蜜柑站長専売店」がオープンし、 高雄市の陳其邁市長や市のマスコットキャラクターの高雄熊がお祝いに駆け付けました。陳市長は、野良猫から駅長となった蜜柑駅長の高い人気にあやかり、市の観光促進につなげたいと述べました。 高雄MRTは今年の蜜柑駅長の経済効果は、初めて1,000万台湾元を突破すると見込んで

中正紀念堂、ホールでの儀仗隊交代式を取りやめ

1969年の中正紀念堂開館時より44年続いた銅像ホールでの儀仗隊交代式のパフォーマンスが、7月14日で取りやめとなりました。7月15日からは場所が中正紀念堂正面の「民主大道」に移され、午前9時から午後5時の毎時ちょうどに15分間のパフォーマンスがおこなわれます。雨の場合はおこなわれません。 文化部は銅像ホールでのパフォーマンス取りやめについて、個人崇拝や権威主義崇拝から脱するためで、国民党独裁期に

南投県埔里の商業施設にTSUTAYA BOOKSTORE、8/1オープン

デベロッパーの精英開發が10億台湾元(約50億円)を投じて建設した南投県埔里鎮の複合商業施設「日月町」に、ブックカフェ「TSUTAYA BOOKSTORE」が8月1日にオープンします。台湾で12店舗目の開店です。 日月町は国道6号の愛蘭インターチェンジ(IC)に近く、南投県の景勝地である日月潭国家風景区に向かう途中に位置しています。敷地面積1万3,000坪にTSUTAYA BOOKSTOREを含む

Comments


bottom of page