top of page

日本が水際対策を強化、指定アプリの導入も

日本厚生労働省は新型コロナウイルスの新たな水際対策として、 03月19日以降は出国前72時間以内の検査証明書の提示が必須となった他、 国籍を問わず全ての日本入国者に対し指定のアプリをインストールした スマートフォンを入国後14日間携帯する事を義務付けました。

インストールが必要なアプリはOSSMA(位置情報確認アプリ)、SKYPE(ビデオ通話アプリ)、COCOA(接触確認アプリ)の三つで、アプリは入国後の自宅又はホテルの確実な待機を実施する為に使用されます。

もし手持ちのスマートフォンが指定のアプリが利用できない場合、 空港内で自己負担によるスマートフォンのレンタルをする必要があります。

日本厚生労働省ホームページ https://www.mhlw.go.jp/index.html

関連記事

マレーシア、出入国自動化ゲート利用対象に中華民国を追加

外交部が5月24日、マレーシアの出入国審査の自動化ゲート利用対象に中華民国パスポート所持者が6月1日より追加されると発表しました。政府は、中華民国パスポートが自動化ゲートを利用出来る国を増やそうと働きかけており、マレーシアが10番目の国となります。 マレーシアの自動化ゲートの利用には申請が必要で、初回は一般の外国人用の入国審査レーンに並び、手続きをおこないます。出国からは自動化ゲートを利用可能で、

スターラックス航空が台北-香港線の就航を発表、7/16より

スターラックス航空が台北(桃園)~香港線を7月16日より運航開始すると発表し、5月27日より販売を開始しました。1日2便、週14便の運航を予定しています。機材はエアバスA330-900型、A350-900型、ワイドボディ機が使用されます。運航スケジュールは下記の通りです。 JX231 台北(桃園) 08:00 - 香港 09:40 毎日運航 JX235 台北(桃園) 16:50 - 香港 18:3

高鉄7月より43便の増便、端午節も増便へ

台湾高速鉄路(高鉄)が5月21日、7月からの増便を発表しました。北上20便、南下23便の週43便が増便され、運航便数は週1,103便と過去最多になります。台中より北側が旅客輸送の需要が多いことから、北上する各駅停車が6便増便されます。7月1日の乗車券は、6月3日午前0時より予約が解放されます。 また6月8~10日の端午節の連休についても、連休前後1日を含む期間で更に5便の増便を発表しました。これに

Comments


bottom of page