top of page

日本のブラスバンド強豪2校、嘉義市でジョイント公演

嘉義市で開催中の嘉義市国際管楽節(国際ブラスバンドフェスティバル)で12月18日、関東学院高校と茨城県立大洗高等学校が嘉義市音楽庁でジョイントコンサートを開催しました。両校とも日本の全国大会で金賞の受賞経験を持つブラスバンドの強豪校で、共演は初めてのこと。もし日本で同様の公演があれば、チケットは一瞬で完売するだろうと言われる貴重な公演となりました。


文化局は、ブラスバンドフェスティバルは2週目に突入し、今後は北海道教育大学吹奏楽団、山形中央高校吹奏楽部、玉川学園吹奏楽部などが続々と嘉義市で公演をおこなうと発表しています。

関連記事

「屏東夏祭り」開催、遊園地やアート施設が登場

7月20日から8月25日まで、南部の屏東県で「屏東夏日狂歓祭(屏東夏祭り)」が開催されます。会場となる屏東市の県民公園には、コーヒーカップや回転木馬などを設置した遊園地や、パブリックアートの巨大怪獣「書鴨(シューヤー)」が登場し、親子で楽しめるイベントとなっています。また、アート施設や、没入型の光のアートや、ナイトミュージアムも登場し、親子連れ以外も楽しめるようになっていると、屏東県は来場を呼びか

新潟県で「大地の芸術祭」開催、台湾アーティストの作品も展示

7月13日に開幕した新潟県十日町市と津南町の野外芸術祭「大地の芸術祭ー越後妻有アートトリエンナーレ」で、台湾アーティストの作品が展示されています。文化部台北駐日経済文化代表処台湾文化センターが大地の芸術祭と提携し、台湾の建築家の黄声遠さんが率いる建築設計事務所「田中央工作群(Fieldoffice Architects)」や絵本作家の幾米(ジミー・リャオ)さんを招待しました。「田中央工作群」は東京

Comentários


bottom of page