top of page

日本向け台北市観光PR、ビビアン・スーさんを観光大使に起用

台北市観光伝播局は日本向けの台北市観光PRの観光大使(イメージキャラクター)にビビアン・スー(徐若瑄)さんを起用し、8月7日に東京で観光PR交流会を開催しました。今年の上半期に台湾を訪れた外国人旅客数は日本が第三位となっており、今期はビビアン・スーさんを起用して日本へのPRを継続して強化していく方針です。


事前に撮影されたPR動画では、ビビアン・スーさんオススメの台北伝統グルメとしてルーロー飯、刈包(台湾バーガー)、仙草(グラスゼリー)、米粉(ビーフン)や、グルメ以外にもオススメの観光スポットを紹介しています。


台北観光プロモーション映像

関連記事

参議院親台湾派「TY会」が訪台、外交部などを訪問

日本の参議院の親台湾派グループ「TY会」の8名が7月2日から5日にかけて訪台しました。7月3日、外交部の林佳龍部長が午餐会を開き、訪問団を歓迎しました。午餐会にはTY会から6名と、防安全研究院の陳明祺執行長、日本台湾交流協会台北事務所の片山和之代表などが出席し、国際情勢、中国の軍事動向、台湾と日本の経済・貿易・産業協力などについて意見交換をおこないました。 「TY会」は「台湾(Taiwan)友好(

「就業ゴールドカード」発給1万枚突破、更に対象拡大の方針

政府が指定する分野の外国人専門人材を対象とした就労許可、居留ビザ、外国人居留証、数次入国許可を一つにした「就業ゴールドカード」の発給枚数が1万枚を突破しました。7月8日、頼清徳総統が総統府で1万枚目を含む4人へ就業ゴールドカードを交付しました。交付式典には台湾初のゴールドカードを取得した動画投稿サイト「ユーチューブ」の創業者の陳士駿さんも立ち合いました。 就業ゴールドカードは科学技術や経済、教育、

台東国際バルーンフェスティバル開幕、今年で14回目

台東県鹿野郷で7月6日、今年で14回目の開催となる「台湾国際熱気球嘉年華 (台湾国際バルーンフェスティバル)」が開幕しました。今年はサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」の50周年をテーマに、14カ国から40機を超える熱気球が参加しています。開催期間は8月19日までの45日間。 初日となる7月6日は早朝より開幕式がおこなわれ、21機の熱気球が飛び立ちました。来場者数は花蓮地震の影響から例年に比

Commentaires


bottom of page