top of page

日本国旅券の残存有効期間変更のお知らせ

外交部(日本の外務省に相当)は、15日から中華民国(台湾)を訪れる日本人に対して、 旅券の残存有効期間を従来の「3カ月以上」から、「滞在日数以上」に緩和した。 台湾では日本と米国だけにこの優遇措置を講じている。

外交部領事事務局の鍾文正副局長は15日、外交部の定例記者会見で、 「台湾と日本の友好な関係、また相互利益に対する平等な配慮から、 外交部は15日から日本人旅行者に対して、旅券残存有効期間の緩和を実施した。 この措置は、一般、公用、外交旅券いずれにも適用される」と説明した。

台湾では現在、59か国に対して査証免除の措置を取っているが、 旅券の残存有効期間が滞在日数以上との優遇措置を講じているのは日本と米国だけ。

詳しくは下記リンクにてご確認お願いいたします。 http://www.roc-taiwan.org/jp_ja/post/49576.html

関連記事

新竹県の「湖口米」1,200トン、日本へ出荷

新竹県湖口郷で5月27日、「湖口米」1,200トンが日本へ向けて出荷されました。「湖口米」は2020年にCNS(台湾国内での白米の基準)で最高レベルの「一等」を獲得し、3,200トンを日本へ出荷しました。今回は4年ぶりの日本へ向けた出荷となります。 湖口郷は1,200ヘクタールの敷地で二期作をおこなっており、年間の生産量は約6,000トン。湖口郷農会は、湖口郷で生産された米が日本の厳しい検疫を通過

マレーシア、出入国自動化ゲート利用対象に中華民国を追加

外交部が5月24日、マレーシアの出入国審査の自動化ゲート利用対象に中華民国パスポート所持者が6月1日より追加されると発表しました。政府は、中華民国パスポートが自動化ゲートを利用出来る国を増やそうと働きかけており、マレーシアが10番目の国となります。 マレーシアの自動化ゲートの利用には申請が必要で、初回は一般の外国人用の入国審査レーンに並び、手続きをおこないます。出国からは自動化ゲートを利用可能で、

タイが台湾人旅客のノービザ待遇を6カ月延長、11月まで

タイ政府が昨年、2023年11月10日から2024年5月10日の期間、台湾人旅客が査証なしでタイに30日間滞在できるノービザ滞在を閣議で決定していましたが、タイ政府が5月7日、ノービザ滞在を6カ月延長すると決定しました。11月11日まで、従来通りビザなしで滞在が可能です。外交部はプレスリリースでこの決定を歓迎し、関係省庁による「新南向政策」推進の成果であると述べています。

Comments


bottom of page