top of page

日本統治時代の古民家リノベ「楽埔町」、リニューアルオープン

台北市中正区の歴史建築「錦町日式宿舍群(樂埔町)」の修復工事が完了し、6月1日にリニューアルオープンしました。文化局は2013年より日本統治時代から残る古民家などを修復、再利用する「老房子文化運動計画」を進めており、「楽埔町」もその計画のひとつで、2013年に1,900万台湾元を投入して修復がおこなわれ、2015年に運営が開始されました。今回は2023年11月中旬より営業を停止し、1,700万台湾元が投入されて2度目の修復がおこなわれました。


修復された施設はリニューアル前と同じく立偕生活文化が、日本庭園やフレンチレストランを運営します。また日本庭園は、営業時間内は自由に参観できるようになっています。

関連記事

台中港に亜果遊艇のヨット埠頭、2028年完成予定

会員制ヨットクラブなどを運営する亜果遊艇開発が5月29日、台中港で国際ヨット埠頭を2期に分けて建設すると発表しました。敷地面積は水域を含む10.77ヘクタールで、三井台中港Outlet Mallの傍に位置します。 8月3日に契約の署名式と起工式がおこなわれ、収容可能数49隻の第1期は今年の年末までに完成、運用開始予定です。第2期は収容可能数52隻、2026年に着工し2028年4月の完工を目指します

台北ドーム併設のショッピングセンター、飲食店街がオープン

台北大巨蛋(台北ドーム)に併設するショッピングセンターの遠東SOGO「ガーデンシティ」で5月30日、飲食店エリアがオープンしました。24時間営業や深夜営業の店舗を含む14店が出店しており、年間売上高を8億台湾元(約39億円)を目標とします。 ガーデンシティは今後、第3四半期に地下街のショッピングエリア、2025年第2四半期に映画館の秀泰影城(ショータイムシネマズ)、第3四半期に敷地面積2万5,00

誠品生活、9月に台北駅前に中型店舗を出店

誠品生活(エスライトスペクトラム)の呉旻潔董事長が5月28日、9月に台北駅前の忠孝西路と公園路の交差点にあるビルに800坪の中型店舗を出店すると明らかにしました。台北駅では昨年のK区地下街から撤退して以来の出店となります。 新北市新店区の裕隆城(ユーロンシティー)の誠品生活旗艦店は初年度の売上高が40億台湾元を超える見込みで、台中市西屯区の大型店舗、誠品生活480も第3四半期にテナントが全て揃い、

Comments


bottom of page