top of page

日本輸出用のナツメ、屏東県で準備開始

屏東県高樹郷で1月10日、日本へ向けて出荷される予定のインドナツメの準備が始まりました。1.36トンのインドナツメの低温処理が開始され、順当にいけば1月25日に出荷、1月28日に大田市場(東京都)で販売される予定です。インドナツメは日本の規定に基づき、箱詰め後に摂氏1.2度の環境で14日間の低温処理が必要となっており、その後に検疫を経て日本へ輸出されます。屏東県の昨年のインドナツメの輸出量は226トンで2,600万台湾元(約1.2億円)。生産量は台湾で2番目に多く、全体の約30%を占めています。

関連記事

台南市と茨城県那珂市、友好交流協定を締結

茨城県那珂市の先崎光市長らが5月6日、台南市を訪れて友好交流協定を締結し、調印式がおこなわれました。調印式は台南市政府永華市政センターでおこなわれ、台南市の黄市長は、農業、教育、スポーツなどの分野での今後の交流の深化に期待を寄せました。 台南市には旧日本軍の海軍のパイロットである杉浦茂峰が祀られている飛虎将軍廟があり、杉浦茂峰の母親が那珂市出身である縁から両市の交流が始まり、今回の協定締結となりま

台中市の人口が285万人を突破、全国2位に

台中市の人口が285万人を突破し、新北市に次いで2位の人口となりました。内政部の統計によると3月末時点での総人口は2,341万6,375人で、1位の新北市の人口は404万2,587人でした。台中市は285万人目の台中市民となった陳さんへ、10万台湾元(約47万円)相当のプレゼントを贈呈しました。

台南市の黄市長、山口県を訪問し知事らと会談

台南市の黄偉哲市長が4月26日、山口県の村岡嗣政知事や県議会の柳居俊学議長を訪ね会談をおこないました。双方を結ぶチャーター便運航の拡大、観光の促進、学生の交流、半導体産業の協力の可能性について意見を交換しました。台南市と山口県は2023年7月に交流促進についてのMOUを締結しています。 黄市長は、台南市と山口県の多方面の交流に期待し、若者世代に相互学習をしてもらいたいと述べています。村岡知事は、旅

Comments


bottom of page