top of page

桃園空港、水際対策緩和後で出国者数最多

台湾桃園国際空港によると、1月14日の出国者数は3万5419人で、新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和されて以来、最も多かったです。


旧正月連休を前に海外旅行に行く人が増えていますが、出国者数は緩和前の30~40%増にとどまっていました。


新型コロナ流行前と比べて航空券が大幅に値上がりし、海外旅行の費用が上昇したためとみられています。


関連記事

九族文化村、桜をテーマに台日交流

今年で24年目に突入した「九族桜花祭」を開催する南投県の九族文化村で2月17日、今年2月に日本さくらの会より「第30代日本さくらの女王」に選ばれた杉浦美桜里さんを招待しての台日桜文化交流のイベントが開催されました。また、九族文化村と日月潭を結ぶロープウェイで床が透明なゴンドラ24台にラッピングを施して「桜花女王号」と命名し、イベントでは命名セレモニーがおこなわれました。

台湾-日本線が大幅増便、ビジネスや観光の需要増加

TSMCの熊本工場設置による九州線のビジネス・観光需要の高まりや、桜シーズンによる観光需要の高まりから、台湾-日本路線が大幅に増便されています。中華航空(チャイナエアライン)は台北-熊本線えお週4便から週5便へ、台北-福岡便を週16便から19便に増便します。3月末には中華航空の九州便は週24便となり、台湾の航空会社で最多の便数となります。このほか、台北-名古屋線を週7便から11便に増便します。長榮

交通部、自転車で台湾一周サイクリングロード視察

近年、交通部は台湾をサイクリングの聖地とするよう取り組みを進めています。交通部の陳彦伯政務次長率いる関係者らが2月16日午前、5泊6日で自転車台湾一周をおこなうサイクリングロード視察へ台北市の松山駅より出発しました。一行はサイクリングロードの視察のほか、各地の自転車愛好家や観光業者と4度の座談会をおこなう予定です。 台湾一周の為のサイクリングロード「環島1号線」と25本の「支線」は2015年から2

bottom of page