top of page

桃園空港、10月利用客は前年の9.7倍に増加

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました

桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。

1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

関連記事

チャイナエアラインのシアトル線、運航開始

中華航空(チャイナエアライン)の台北~シアトル線が7月14日、運航を開始しました。チャイナエアラインの北米への直行便はこれで6便となりました。第1便となるCI-022は、台湾時間の午後11時30分に台北(桃園国際空港)を出発し、15日の午前10時にシアトル(タコマ国際空港)に到着しました。搭乗率は95%で乗客数281人、そのうち45%が乗り継ぎ客でした。 チャイナエアラインの今年上半期(1~6月)

台鉄で新割引制度、乗車回数に応じて還元

台湾鉄路(台鉄)が7月17日、ICカードでの乗車を対象とした新たな運賃割引制度を8月1日より導入すると発表しました。現行の、ICカードでの乗車で一律10%割引の現行の制度は、8月19日で終了となります。 毎月の累計乗車回数を11~20、21~40、41回以上の三段階に分け、最大20%が還元され、翌月の初回利用時にICカードへ自動的にチャージされます。また同時に、30日と60日の2種類の電子定期券が

高雄MRT「蜜柑駅長」、オリジナルグッズ専門店がオープン

高雄市の高雄MRTの左営駅に7月13日、高雄MRTのネコ駅長「蜜柑駅長」のオリジナルグッズを販売する「蜜柑站長専売店」がオープンし、 高雄市の陳其邁市長や市のマスコットキャラクターの高雄熊がお祝いに駆け付けました。陳市長は、野良猫から駅長となった蜜柑駅長の高い人気にあやかり、市の観光促進につなげたいと述べました。 高雄MRTは今年の蜜柑駅長の経済効果は、初めて1,000万台湾元を突破すると見込んで

Comments


bottom of page