top of page

桃園空港の地上業務、労使交渉でスト回避

中華航空(チャイナエアライン)子会社である桃園国際空港の地上業務を手掛ける桃園航勤は4日、賃上げや手当の引き上げなどを求めて会社側と交渉を行いました。


会社側は4%の賃上げ、春節ボーナス1カ月分と8万台湾元の支給など労働組合側の要求を受け入れるとと明らかにしました。


労働組合は、経営側の誠意が感じられたとして、春節連休にストライキを実施しないと表明しました。


関連記事

屏東県、日本統治時代に建設の郵便局の修復を開始

台湾南部の屏東県で日本統治時代の1930年代後半に建設された郵便局「里港郵便局」が修復されることとなり、5月18日に起工式がおこなわれました。郵便局は1979年まで使用され、2015年に県政府により歴史建築に登録されました。3,000万台湾元(約1億5,000万円)以上をかけて修復され、早ければ来年末に完工予定です。修復後は展示スペースや飲食店としての活用が計画されています。

台北ドーム併設そごう百貨、飲食店エリアが30日に先行オープン

台北大巨蛋(台北ドーム)併設の遠東そごう百貨のショッピングセンター「遠東Garden City」が、5月30日に飲食店エリアを先行オープンすると発表しました。「遠東Garden City」は売り場面積3万6,000坪、台北市の中心地で最大のショッピングセンターとなります。 飲食店エリアは1,300坪のフロアに、14店舗(全1,422席)が出店します。航空会社スターラックスエアラインズと焼肉チェーン

タイガーエア台湾、台中-成田・中部のチャーター便を運航

タイガーエア台湾が7月1日より、台中-成田、台中-中部の2路線のチャーター便を運航すると発表しました。成田線は週3便、中部線は週2便で、運航期間は8月末まで。運航スケジュールは下記の通りです。 台中-成田線 運航日:火木日 IT790 台中 08:20 - 成田 12:40 IT791 成田 13:40 - 台中 18:50 台中-中部線 運航日:月金 IT778 台中 11:55 - 中部 12

Comments


bottom of page