水際対策、緩和に向けた計画を策定

中央流行疫情指揮センターは9月13日、新型コロナウイルスの水際対策について、オミクロン株の派生型「BA.5」の感染者数は9月末から10月初旬にピークアウトすると予測しており、既に出入国制限の緩和に向けた計画を策定していると明らかにしました。


指揮センターは入国者に対する空港でのPCR検査の撤廃、隔離措置の緩和、入国者数の上限引き上げ、海外団体旅行の解禁などについて協議を進めていると説明しました。


中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

行政院は9月29日午前、新型コロナウイルスの水際対策緩和について、緩和する措置を正式に発表しました。 29日から開始された第1段階の緩和では、入境後の3日隔離期間の場所を、従来の「1人1戸」から「1人1室」に変更し、空港で唾液を用いたPCR検査をやめ、抗原検査キット4個を配布することに切り替えます。 入境者数の上限を1週間当たり6万人に引き上げ、ビザなし渡航も全面的に再開されました。 10月13日

中央流行疫情指揮センターは9月23日、新型コロナウイルス感染対策のマスク着用義務について、当面継続するとしました。 状況を見て段階的に緩和し、来年3月までには大幅に変更する見通しだと述べました。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/https://www.cdc.gov.tw/

台湾入国の政策が変更となります。 今後海外からの受け入れは二段階で解禁していく予定です。 ━━━━━━━━━━ 第一段階 <施行日> 2022年9月29日 <旧規定> ・台湾到着後、空港でのPCR検査(唾液検査)有り。 ・空港で抗原検査キット2個配布。 ・隔離場所は1人1戸。自主防疫期間は1人1室も可能。 <新規定> ・ノービザ受入れ再開(日本を含むビザ免除の国が対象) ・台湾到着後、空港でのPC