top of page

海外クルーズ船の寄港再開

中央感染症指揮センターは10月24日、交通部が提出した国際クルーズ船の寄港・停泊に関するガイドラインを承認しました。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国際クルーズ船の寄港・停泊が禁止されてから2年8ヶ月が経ちました。


ガイドラインによると、出発港で乗船する際には、ワクチン接種証明か、当日または前日の抗原検査の陰性証明が必要です。

寄港地で下船する際にも、陰性証明が必要です。


中央流行疫情指揮センター(中国語、英語)

関連記事

台湾観光PR電車「ビビビビ!台湾号」、京急電鉄で運行

交通部観光署は日本の景品休校電鉄株式会社(京急電鉄)の協力のもと、6月7日より台湾観光PRの特別ラッピング電車「ビビビビ!台湾号」の運行を開始しました。同日、東京品川駅にて発車セレモニーがおこなわれました。運行期間は9月28日まで。 ラッピング電車の車体には「台湾」の文字がデザインされています。車内広告は台湾各地の観光スポットを紹介する特別デザインのものを掲示し、「パイナップル車両」「茶葉車両」「

エバー航空、焼肉の乾杯とコラボ機内食を発表

長榮航空(エバー航空)が6月5日、焼肉チェーン店の乾杯グループと提携した機内食を7月1日より提供すると発表しました。コラボ機内食が提供されるのは、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、ニューヨーク行き路線。また、この他の路線での提供については、注文量や乗客の感想を参考に検討すると述べています。 提供されるメニューは一年かけて開発されたもので、エコノミークラスでは牛バラ肉焼肉、プレミアムエコノミ

桃園空港に新型自動化ゲート導入、年内に43台を設置予定

桃園空港の第1ターミナル、第2ターミナルで、新型の出入国審査自動化ゲート(e-Gate)の設置が進められています。現在、既に19台の新型自動化ゲートが設置されており、8月1日までに更に24台が設置されます。今年中に桃園空港の自動化ゲートを全て新型にし、また来年には台湾の全ての空港、港に新型の自動化ゲートが設置される予定です。新型のゲートは識別率が上昇し、通過にかかる時間が短縮されます。

Comments


bottom of page