top of page

海外旅行者の強い味方「DeSiM」のeSIM【PR】


海外旅行に行く際に、意外に困ってしまうのが、現地でのwifi。

何を利用するのが良いか、いつも悩んでいませんか。

wifiを利用するにはいくつかの種類がありますが、今回紹介したいのはeSIMです!

eSIMのポイント!

・ポケットwifi、SIMカードのように持ち運ぶ必要がなし!

・返却の必要もなし!

・ポケットwifi、SIMカードより安い!

・SIMカードは差し替えている間に自分のSIMカードを紛失してしまう可能性がありますが、eSIMはその心配なし!

・SIMカードのように、使用後ゴミにならない。

・SIMカードだとAndroidでつながらない場合もありますが、eSIMだと比較的安定して接続が可能。

eSIMなら「DeSiM」がおすすめ!

・【安心高速通信】完全無制限、低速度なし!!

・【LINE日本語安心サポート】トラブルがあった場合もLINEで簡単問い合わせが可能!(主要問い合わせ時間:平日10時-19時)

・【わかりやすい取扱説明書付き】取扱説明書もついているから、初めてのご利用でも安心!

Amazonサイトで購入可能です。



関連記事

中国への団体旅行、催行決定しているツアーは6月以降も出発可能に

行政院の卓栄泰院長が5月30日、既に催行が決定していた中国への団体旅行のうち、5月末までに出発が出来なかったものについて、旅行会社と旅客の権益を考慮し、6月以降の出発を認めると発表しました。 台湾から中国への団体旅行は、中国が中国人の台湾への団体旅行を再開しなかったことを理由に募集を停止するよう2月7日に旅行会社へ通知され、既に催行が決定していた5月末までに出発のツアーについてのみ催行が認められて

交通部観光署、台湾観光の新キャッチフレーズとロゴを公開

交通部観光署が5月6日、台湾観光PRの新たなキャッチフレーズ、ロゴなどを公開しました。2011年より13年間使用したキャッチフレーズ「Heart of Asia」から、新しいキャッチフレーズは「Waves of Wonder」となり、ロゴのTAIWANの文字は、台湾の山脈、海洋、道路や鉄道をイメージした曲線を使用したデザインとなっています。 観光署の周永暉署長は、新しいキャッチフレーズやロゴなどは

中国への団体旅行解禁初日、1千人以上が出発

3月1日より台湾から中国への団体旅行が解禁され、初日の旅行会社企画による団体旅行の出発は50団体以上、1千人を超えました。中国への団体旅行について交通部観光署は2月7日に即日募集を停止するよう命じていますが、既に催行が決定している5月31日までのツアーに関しては実施が認められています。 3月1日に中国へ出発したのは 可楽旅遊旅行社(コーラツアー)の26団体608人、雄獅旅行社(ライオントラベルサー

Commentaires


bottom of page