top of page

焼鳥居酒屋チェーン店「鳥貴族」、第3四半期にオープンへ

2月26日に台湾進出を発表した焼鳥居酒屋チェーン店「鳥貴族」が3月4日、合弁会社を設立する大成集団(大成グループ)と記者会見をおこない、1号店を早くて今年の第3四半期に台北市で出店予定であると発表しました。今年中に3店舗を出店し、来年には台中に進出予定で、20~40歳の男女やファミリーがターゲットです。開催された記者会見には、大成グループの韓家宇董事長や鳥貴族の大倉忠司代表取締役社長らが出席しました。韓家宇董事長は、タレが輸入になるので日本より価格が割高になるが、コストパフォーマンスは最高だと述べています。

関連記事

ミシュラン「セレクテッドレストラン」、台南市から新たに3軒

国際的なグルメ評価雑誌「ミシュランガイド」の台湾グルメを紹介する「ミシュランガイド台湾」で、「セレクテッドレストラン」に新たに8軒のレストランが掲載され、台南市からは3軒が加わりました。 台南市の黃偉哲市長は、今年の1~4月にも台南市から4軒が「セレクテッドレストラン」に加わっており、今回の3軒の追加で台南市は「ビブグルマン」35軒、「セレクテッドレストラン」26軒の合計61軒の掲載となったとし、

レストランバス第2号、台北市で運行開始

2021年12月より台北市で運行を開始した2階建てバスを利用したレストランバスの第2号が、4月10日にお披露目されました。完全予約制のレストランバスは乗車時間約1時間半で、ランチ、アフターヌーンティー、ディナーを食べながら台北の風景を楽しむことが出来ます。価格は1,100~1,950台湾元。第1号バスはこれまでに約3.9万人が利用しており、利用者の約3割が外国人旅客と、観光資源としての高いポテンシ

カルフール、無人セルフラーメン店を併設へ

1月に桃園市桃園区の経国店に無人セルフラーメン店「韓熙恩24H無人拉麺店」を設置した統一企業参加の量販店「家楽福(カルフール)」が、24時間店舗の台北市萬華区の桂林店や新北市新店区の新店店での導入を計画しています。無人店での人件費削減だけでなく、24時間営業で買い物客の夜食のニーズを満たし、夜間の買い物客の増加を指摘しています。 24時間営業の無人セルフラーメン店の「韓熙恩24H無人拉麺店」は、現

Comments


bottom of page