top of page

石川県民会メンバー、被災地支援へ感謝の自転車台湾一周旅

今年1月に発生した能登半島地震への感謝を伝える為、台湾在住の石川県出身者らでつくる台湾石川県人会のメンバー、徳光重人代表、本田俊也さん、高井伯洋さんが3月11日、6日間で自転車で台湾を一周する約1,100キロメートルの旅へ出発しました。「感恩台湾(台湾ありがとう)」の文字を背負って走行します。


一行は3月12日に台南市に到着し、13日に黄偉哲市長と面会、台湾各界からの被災地への支援へ感謝を伝えました。能登半島地震の発生後、台南市は「送愛到日本石川縣捐款活動(石川県に愛を届ける募金活動)」と銘打って、市民へ被災地への支援を呼びかけました。

関連記事

災害時の救助活動に関するシンポジウム、日本の防災専門家が訪台

内政部消防署が6月18日、災害時の救助活動に関する台日シンポジウム「2024台日地震捜救実務研討会」を開催して日本から防災の専門家3名を招待しました。今年初めに発生した能登半島地震の際に、各自治体から緊急救助隊をどのように要請したか、各種重機、装備の運用や災害救助犬の動員、後方支援体制により、災害リスクをどのように下げたのかなどの経験を共有しました。また消防署の特殊捜救隊が4月3日の花蓮地震の経験

台湾のオーケストラ「湾声楽団」、熊本公演で地元高校生と共演

台湾のオーケストラ「湾声楽団」の「世界十大音樂廳展演計画(世界十大ホールツアー計画)」の1カ所目となる東京公演が、今月21日にサントリーホールでおこなわれます。それに先立って19日、台湾積体電路製造(TSMC)関連企業の支援による熊本公演が熊本県立劇場コンサートホールでおこなわれます。地元高校の合唱団と共演し、「さくらさくら」と「荒城の月」、中国語で「小城故事」が披露されます。 湾声楽団の音楽監督

カヤックで花蓮から石垣島を目指すテレビ企画、挑戦成功

4月29日の記者会見で発表されたカヤックで台湾の花蓮から沖縄県の石垣島を目指す台日合作のリアリティー番組「上船了各位!」で、企画に参加した台湾の芸能人7人が6月11日に挑戦に成功し、石垣島に到着しました。13日に記者会見がおこなわれ、台湾日本関係協会の蘇嘉全会長、沖縄県の池田竹州副知事、応援団長として番組に参加した実業家のROLAND氏らが出席し、鏡開きで成功を祝いました。番組は台湾では7月20日

Comentarios


bottom of page