top of page

自動出入国審査システムが更に便利に

台湾の自動出入国審査システム(e-Gate)は、この度、事前登録と出入国審査の機能が一緒になったことで、有人カウンターで事前登録を行う必要がなくなった。

満12歳以上、身長140㎝以上の台湾人(中華民国旅券所持者)や居留証を所持する外国人であれば、顔認証と指紋認証を行えば、登録と出入国審査が一度に出来ることとなった。

関連記事

新北市政府捷運工程局は2月2日、安坑ライトレール(安坑軽軌)が10日に開通すると発表しました。 安坑LRTは全長は7.5キロメートルで、9駅が約21分で結ばれます。 十四張駅では新北メトロ環状線と接続します。 10日から試運転で1カ月間は無料で利用できます。 正式営業開始後の運賃は20~25台湾元となります。

イタリアのクルーズ客船運航会社、コスタクルーズは2月2日、コスタ・セレーナ号が基隆港を母港として、日本や韓国を周遊するクルーズを運航すると発表しました。 4~6日間のツアーで、寄港地は沖縄、宮古島、石垣島、鹿児島、韓国・済州島など。 7月1日から9月25日までにかけて、延べ24便が運航されます。

桃園空港は1月18日、日本への入国審査を同空港で実施する事前審査を試験導入しました。 期間は31日までです。 対象便となるのは、チャイナエアライン(中華航空)のCI178便高松行き、CI116便福岡行き、CI112便広島行き、エバー航空(長栄航空)のBR118便仙台行き、BR116便札幌行き、日本航空(JAL)のJL814便関西行きで、滞在日数90日以内の旅行者です。 事前審査の希望者は、チェック

bottom of page