top of page

花蓮シャトー・デ・シンホテル 朝食会場改装工事のお知らせ

この度、花蓮シャトー・デ・シンホテル(花蓮翰品酒店)朝食会場の改装工事に関して連絡が入りましたので、お知らせいたします。

今後、より素晴らしいレストランでのひと時をご体験いただけるよう、2016年3月14日から3月20日まで、翔雲廳(Soaring Cloud Western Restaurant)の改修工事を実施致します。工事期間中、朝食会場は地下1階、または2階の宴会場に変更いたします。ご滞在のお客様に当日にもご案内させていただきますので、ご安心ください。ご不便をおかけいたしますが、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

■工事期間: 2016年3月14日 ~ 2016年3月20日

■工事時間: 毎日午前8時00分~午後17時30分(暫定)。

■工事範囲: 朝食会場の翔雲廳(Soaring Cloud Western Restaurant)。

※工事期間中におきましてもホテルは通常どおり営業を行います。

※工事期間内において若干騒音・臭いの発生する場合があります。

※工事日程はあくまでも予定です。状況によっては変更の場合がございます。

関連記事

花蓮県、観光復興支援の宿泊補助が6月1日より開始

交通部観光署が6月1日、4月3日に発生した地震で被災した花蓮県の観光復興支援キャンペーンを開始しました。宿泊補助キャンペーンの予算は9億6,500万台湾元(約47億円)で、個人旅行に8億1,500万台湾元、団体旅行に1億5,000万台湾元が使用されます。宿泊補助キャンペーンは台湾人旅客を対象に9月末まで実施予定で、個人旅行では平日最大1,000台湾元、休日最大500台湾元が補助されます。 宿泊補助

コンピューテックスで観光ホテル稼働率90%超え

南港展覧館で6月4日より4日間開催されるアジア最大規模の情報通信技術見本市「COMPUTEX2024台北國際電腦展(コンピューテックス台北)」に、約1,500社の企業が4,500ブースを出展し、5万人の来場が予想されています。それにともなって台北市、新北市の観光ホテルの稼働率が90%以上となり、昨年のコンピューテックス開催期間の稼働率を上回りました。 難関展覧館から近い台北漢来大飯店(台北ハイライ

グリーンワールド 建北、電気設備メンテナンス日変更のお知らせ

先日お知らせしたグリーンワールド 建北(洛碁大飯店建北館)の電気設備の定期メンテナンスは、ホテル事情によりメンテナンス日が変更となりました。 変更前:2024年06月16日(日) 変更後:2024年06月17日(月) 時間:00:00~05:00 場所:全館 ※期間中、緊急照明は正常に作動しますが、エアコンとエレベーターは利用できません。 ※ホテルは通常通り営業します。 —————————————

Comments


bottom of page