top of page

花蓮地震、高級ホテルが閉館で建て替えへ

4月3日に発生した花蓮県沖を震源とする地震で被災した雲朗観光(LDCホテルズ&リゾーツ)傘下の高級ホテル「翰品酒店花蓮(シャトー・デ・シン花蓮)」が4月8日、閉館し従業員86名を解雇すると発表しました。7日には花蓮県政府へ解雇に関する計画書を提出しています。雲朗観光グループは、従業員の権益を保障すると強調しています。今後、ホテルは建て替えられる計画です。


花蓮県のホテル100軒のうち45軒が被害を受けており、、太魯閣(タロコ)国家公園内にある太魯閣山月村(タロコビレッジホテル)も8日の夜、営業終了と従業員の解雇を表明しています。

関連記事

台湾南部で大雨特報、台風1号の影響は無し

中央気象署が27日午前、台湾南部の嘉義市、嘉義県、台南市、高雄市、屏東県に大雨特報を発表しました。また台湾全域で天気が不安定な状態にあり、落雷や強風、土砂崩れや落石への注意を呼びかけています。各地の気温は30~33度と、蒸し暑い日になりました。 5月26日に発生した台風1号について中央気象署は、台湾は直接的な影響を受けないと説明していますが、台湾東部沿岸や離島の蘭嶼、綠島などで高波が発生する可能性

グリーンワールド新仕界、改装工事延期のお知らせ

4/1からグリーンワールド新仕界(洛碁大飯店新仕界)の改装工事ですが、ホテルの都合により延期する事になりました。新たな情報が入り次第、またお知らせいたします。 期間: 旧:2024/04/01 ~ 2024/06/30 新:2024/04/01 ~ 2024/07/31(予定) 時間:毎日08:00~18:00 範囲:ロビー、客室2~6階、8階、9階 内容:壁紙と絨毯の張替え ※期間中、通常通り営

防災教育の台日交流、新北市でセミナー開催

教育部と日本台湾交流協会が共同で5月23日、防災教育に関する国際セミナー「全国防災教育人員知能與成長精進暨防災教育國際實務経験研討会」を新北市で開催しました。セミナーには、日本台湾交流協会の門田健太朗主任と日本の防災専門家3名が招かれ、日本の防災教育の経験を紹介しました。 セミナーでは今年3月に宮城県を訪れて交流をおこなった防災教育人員がその経験を紹介し、3名の日本の専門家の講演後、実際に防災教育

コメント


bottom of page