top of page

花蓮地震、2棟の建物が傾斜

4月23日、午前2時26分と2時32分に花蓮県沖と花蓮県寿豊郷を震源とするマグニチュード6.0とマグニチュード6.3の大きな揺れが発生しました。その影響で花蓮市では、4月3日の震災後に危険建物(赤紙)と認定されていた統帥大樓(統帥ビル)と、営業を停止しているホテルの花蓮富凱大飯店が傾きました。


統帥大樓は既に花蓮県政府によって取り壊しが決定していた建物のひとつで、付近には封鎖線が張られて住人も既に退去済でした。また花蓮富凱大飯店も営業を停止しており、今回の傾斜によるけが人はありませんでした。

関連記事

台湾南部で大雨特報、台風1号の影響は無し

中央気象署が27日午前、台湾南部の嘉義市、嘉義県、台南市、高雄市、屏東県に大雨特報を発表しました。また台湾全域で天気が不安定な状態にあり、落雷や強風、土砂崩れや落石への注意を呼びかけています。各地の気温は30~33度と、蒸し暑い日になりました。 5月26日に発生した台風1号について中央気象署は、台湾は直接的な影響を受けないと説明していますが、台湾東部沿岸や離島の蘭嶼、綠島などで高波が発生する可能性

防災教育の台日交流、新北市でセミナー開催

教育部と日本台湾交流協会が共同で5月23日、防災教育に関する国際セミナー「全国防災教育人員知能與成長精進暨防災教育國際實務経験研討会」を新北市で開催しました。セミナーには、日本台湾交流協会の門田健太朗主任と日本の防災専門家3名が招かれ、日本の防災教育の経験を紹介しました。 セミナーでは今年3月に宮城県を訪れて交流をおこなった防災教育人員がその経験を紹介し、3名の日本の専門家の講演後、実際に防災教育

台風第1号が発生しました

台風第1号が発生しました。 ★進路予測 現在の進路によると、来週末には小笠原近海に近づくおそれがあります。 今後の進路にご注意ください。 windy https://www.windy.com/?24.607,120.212,5,i:pressure ★各種情報 日本気象庁 http://www.jma.go.jp/jp/typh/ 台湾中央気象署 https://www.cwa.gov.tw/V

Comments


bottom of page