top of page

花蓮県産マンゴー「蜜雪」「夏雪」、宣伝イベント開催

花蓮県卓渓郷産のマンゴーをアピールするイベントが7月5日、花蓮県庁舎で行われました。記者会見には花蓮県の徐榛蔚県長、卓溪鄉の田桂花郷長、玉溪地区農会(玉里鎮、卓渓郷地区の農協)の張添富理事長、蔡宗翰総幹事らが出席し、イベントにはマンゴーを使用したスイーツも並びました。蔡宗翰総幹事は、卓渓郷では約50軒の農家がマンゴーを生産しており、玉山からの汚染されていない水で育ったマンゴーは素晴らしい品質であると述べています。


卓渓郷で生産されている芒果は「蜜雪」「夏雪」の2種で、7,8年前から生産が開始されました。「蜜雪」は糖度が13~17度、桃のように美しいピンク色、保存期間が長いのが特徴で、6月中旬から7月下旬にかけて出荷されます。「夏雪」は台湾本来のマンゴー「土芒果」と、「愛文芒果(アップルマンゴー)」「金煌芒果(キンコウマンゴー)」の良さを併せ持った新しい品種で、たっぷりの果肉と果汁が特徴、「マンゴー界のルイヴィトン」と呼ばれています。

関連記事

台南市、札幌市のYOSAKOI祭りでマンゴーをPR

北海道札幌市で6月5日から9日にかけての5日間「YOSAKOIソーラン祭り」が開催され、台南市がブースを出店、台南応用科技大学ダンス学科のチームがパフォーマンスに参加しました。33回目となる今回のイベントには、250以上のチーム、約2万人の踊り手が参加し、大賞のチームには台南市からマンゴー1年分が贈られました。 6月8日には台南市の黄偉哲市長も会場に訪れ、台南産マンゴーをPRしました。ブースではマ

台南市ドラゴンボートレース開催、97チームがエントリー

2024台南國際龍舟錦標賽(台南国際ドラゴンボートレース)が、6月6日から10日の端午節の連休に開催されました。台南市のドラゴンボートレースは台湾で最も古くからある大会で、300年以上続いています。今年は97チーム、2,212人の選手がエントリーしました。初日6日の午後6時からは、レースの無事を祈祷する祭江儀式がおこなわれ、その後、「即將成真火舞團」によるファイヤーパフォーマンスで会場は盛り上がり

台中市でコスプレワークショップ、日本人コスプレーヤーを講師で招待

9月21日から28日に台中市で開催される「2024台中国際動漫博覧会(Taichung Comic Arts Festival)」のプレイベントとして、コスプレ人材育成ワークショップ「Cosplay人才培育工作坊」が7月20,21,27,28日に開催されます。参加費無料で、コスチュームや髪型の作成、演出など多方面について学べ、参加者は「2024台中国際動漫博覧会」のステージで成果を披露します。 2

Comments


bottom of page