top of page

行政院、ジェンダー事情統計の「2024年性別圖像」を発表

行政院性別平等處が1月29日、ジェンダー事情についての統計のレポート「2024年性別圖像」を発表しました。経済協力機構(OECD)の社会制度・ジェンダー指数(SIGI)による評定も記述に加えられており、2023年のSIGIで台湾は世界6位、アジアではトップでした。


2022年の上場・店頭公開企業の女性の董事の比率は15.6%で前年比1.1ポイント、2012年比3.5ポイント上昇しました。また、女性責任者の中小企業は約60.3万社で全体の37.3%、2012年より約12.9万社増え、3割近くの増加となりました。2022年に、男性董事・女性董事のどちらの比率も3分の1以上にする目標を達成した公営企業は66.7%で、2013年の0%から大きく上昇しました。監事についても、2013年の70.0%から83.3%へ上昇しました。


行政院性別平等處(「2024年性別圖像」が閲覧出来ます)

関連記事

2023年フードデリバリーサービス、フードパンダ利用率上昇

資訊工業策進会産業情報研究所(MIC)が消費者がよく利用するフードデリバリーサービスのプラットフォーム上位5位(複数回答)を発表しました。2大プラットフォームは前年から順位が変わらずfoodpanda(フードパンダ)が73.6%で前年比2.4ポイント成長、Uber Eats(ウーバーイーツ)が57.6%で前年比1.2ポイント減少となりました。3位から5位はPXGo!小時達、foodomo、蝦皮美食

台湾株式市場、2日連続で過去最高値を更新

台湾株式市場の加権指数の終値が2月22、23日の連続で過去最高値を更新しました。22日の終値は前日比176.47ポイント(0.94%)上昇の1万8,852.78ポイント、23日の終値は36.41ポイント(0.19%)上昇の1万8,889.19ポイントでした。23日の取引中に一時、1万9,000ポイントを超え過去最高値を更新しました。

2023年の訪台旅客数、コロナ前の5割まで回復

交通部観光署の統計によると2023年の訪台旅客数は前年から7.24倍増加して648万6,951人、コロナ前の2019年と比較すると54.68%まで回復しました。また、台湾からの海外旅行者数は前年から7.95倍増加して422万5,804人、2019年と比較すると68.9%まで回復しました。このうち、訪台日本人旅客数は92万8,235人で香港マカオに次いで2位、訪日台湾旅客数は422万5,804人で台

bottom of page