top of page

観光署が日本でセミナー開催、「台湾安心宣言」動画を公開

交通部観光署と台湾観光協会が4月11日、東京都内で「台湾観光 アップデートセミナー」を開催しました。またイベント内で「台湾安心宣言」と名付けた90秒の動画を公開、4月3日に発生した花蓮地震後、太魯閣(タロコ)を除くほとんどの地域が日常を取り戻しており、安心して旅行に訪れて欲しいとアピールしました。イベントには台日の旅行業者、メディア関係者など約200人が参加しました。


セミナーに参加した台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は、2023年の訪台日本人旅客数はコロナ前の43%まで回復しているとし、双方の観光交流の早期回復へ期待を寄せました。


関連記事

「屏東夏祭り」開催、遊園地やアート施設が登場

7月20日から8月25日まで、南部の屏東県で「屏東夏日狂歓祭(屏東夏祭り)」が開催されます。会場となる屏東市の県民公園には、コーヒーカップや回転木馬などを設置した遊園地や、パブリックアートの巨大怪獣「書鴨(シューヤー)」が登場し、親子で楽しめるイベントとなっています。また、アート施設や、没入型の光のアートや、ナイトミュージアムも登場し、親子連れ以外も楽しめるようになっていると、屏東県は来場を呼びか

新潟県で「大地の芸術祭」開催、台湾アーティストの作品も展示

7月13日に開幕した新潟県十日町市と津南町の野外芸術祭「大地の芸術祭ー越後妻有アートトリエンナーレ」で、台湾アーティストの作品が展示されています。文化部台北駐日経済文化代表処台湾文化センターが大地の芸術祭と提携し、台湾の建築家の黄声遠さんが率いる建築設計事務所「田中央工作群(Fieldoffice Architects)」や絵本作家の幾米(ジミー・リャオ)さんを招待しました。「田中央工作群」は東京

Comments


bottom of page