top of page

訪台旅客400万人目は、家族旅行の韓国人女性

台北市の松山空港に9月13日、今年400万人目となる訪台外国人旅客の韓国人女性の金睿元さんが到着し、行政院の鄭文燦副院長らが歓迎しました。金睿元さんは家族3人旅行、3泊4日で初めて台湾を訪れました。到着時には、今年5月から開始した消費券が当たる「遊台灣金福氣-Taiwan the Lucky Land」の抽獎で、家族全員が5,000元当選という強運を発揮しました。


観光局の統計によると、9月12日までの訪台旅客数は香港・マカオが77万人と最も多く、続いて日本が53万人、韓国が43万人となっています。訪台旅客数300万人は7月21日に達成しており、それからわずか53日で400万人を達成、年間目標の延べ600万人も予定より早く達成できる見込みです。

関連記事

5月20日に新総統就任、国防部が警戒体制を強調

新総統が就任する5月20日の前後の期間に中国軍による台湾への妨害行為などがエスカレートする可能性について、国防部は警戒態勢にあることを強調しています。 邱国正部長は、相手方の動向を完全に知ることは出来ないが、台湾軍は厳密に監視をおこなって状況を把握し、すぐに対応できるよう備えていると説明しています。また柏鴻輝副部長は、台湾軍は「戦争を恐れずとも望まず」の姿勢で、戦備を整えて厳密な監視をおこない、理

新総統就任式典のデモフライト、予行演習を実施

5月20日に開催される新総統就任式典で披露されるデモフライトの初回となる予行演習が5月13日早朝に行われました。式典当日は陸海空軍の軍用機52機による空中パフォーマンスがおこなわれます。13日は23機での予行演習が予定されていましたが、天候不良の為、規模を縮小して5機でおこなわれました。 全機が参加しての予行演習は15日、17日の午前6時から7時半の時間帯で実施予定です。また、式典前日の19日には

炭素費用徴収、料率が決まらず26年に延期か

環境部が2025年より徴収開始を計画していた炭素費用について、料率を決定できておらず、 1年延期になる可能性があります。環境部は年内に発表して来年の徴収開始できるようにすると述べており、遅くても今年12月に予告し、3月に発表するよう調整していると見られています。

Comments


bottom of page