top of page

訪台旅行者、5月下旬に200万人突破へ

交通部は5月15日、1~4月の海外観光客数が162万人で目標値の37%を超えると明らかにしました。

5月下旬には200万人を超えるものと予想されます。


今年の年間目標は600万人以上で、来年は新型コロナウイルス以前の水準に回復することを期待しています。


関連記事

参議院親台湾派「TY会」が訪台、外交部などを訪問

日本の参議院の親台湾派グループ「TY会」の8名が7月2日から5日にかけて訪台しました。7月3日、外交部の林佳龍部長が午餐会を開き、訪問団を歓迎しました。午餐会にはTY会から6名と、防安全研究院の陳明祺執行長、日本台湾交流協会台北事務所の片山和之代表などが出席し、国際情勢、中国の軍事動向、台湾と日本の経済・貿易・産業協力などについて意見交換をおこないました。 「TY会」は「台湾(Taiwan)友好(

阿里山森林鉄道5枚セットのコレクション乗車券、最後の1枚を販売

阿里山森林鉄道を管理する阿里山林業鉄路及文化資産管理処が7月6日、全線運行再開に合わせて奮起湖駅~阿里山駅区間の記念乗車券を699枚の数量限定で発売しました。この記念乗車券は、2020年、2021年、2022年12月25日に発行された記念乗車券と、2023年11月20日の祝山駅の駅舎リニューアル開業の際に発行された記念乗車券と全5枚でワンセットとなり、乗車券の裏面には路線図が描かれていて5枚を並べ

「就業ゴールドカード」発給1万枚突破、更に対象拡大の方針

政府が指定する分野の外国人専門人材を対象とした就労許可、居留ビザ、外国人居留証、数次入国許可を一つにした「就業ゴールドカード」の発給枚数が1万枚を突破しました。7月8日、頼清徳総統が総統府で1万枚目を含む4人へ就業ゴールドカードを交付しました。交付式典には台湾初のゴールドカードを取得した動画投稿サイト「ユーチューブ」の創業者の陳士駿さんも立ち合いました。 就業ゴールドカードは科学技術や経済、教育、

Comments


bottom of page