top of page

軽症者の自宅療養、ガイドラインを発表

中央流行疫情指揮センターは4月8日、新型コロナウイルスの無症状あるいは軽症感染確認者の自宅療養のガイドラインを発表しました。 対象は65歳以下で、妊婦と人工透析治療を受けている患者以外となります。

域内感染の場合は、1人1室が原則で、独立したトイレと浴室のある部屋で実施します。 同時に感染確認された人であれば、複数人で1室で自宅療養できます。 トイレと浴室は使用する度に消毒すれば、共用しても構いません。

隔離終了後は、7日間の「自主健康管理」が必要です。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

参議院親台湾派「TY会」が訪台、外交部などを訪問

日本の参議院の親台湾派グループ「TY会」の8名が7月2日から5日にかけて訪台しました。7月3日、外交部の林佳龍部長が午餐会を開き、訪問団を歓迎しました。午餐会にはTY会から6名と、防安全研究院の陳明祺執行長、日本台湾交流協会台北事務所の片山和之代表などが出席し、国際情勢、中国の軍事動向、台湾と日本の経済・貿易・産業協力などについて意見交換をおこないました。 「TY会」は「台湾(Taiwan)友好(

阿里山森林鉄道5枚セットのコレクション乗車券、最後の1枚を販売

阿里山森林鉄道を管理する阿里山林業鉄路及文化資産管理処が7月6日、全線運行再開に合わせて奮起湖駅~阿里山駅区間の記念乗車券を699枚の数量限定で発売しました。この記念乗車券は、2020年、2021年、2022年12月25日に発行された記念乗車券と、2023年11月20日の祝山駅の駅舎リニューアル開業の際に発行された記念乗車券と全5枚でワンセットとなり、乗車券の裏面には路線図が描かれていて5枚を並べ

Comments


bottom of page