top of page

長野県の高校生、高雄市を訪れ現地の高校生と交流

長野県の高校生と教師ら24人が3月4、5日に高雄市を訪れ、高雄市立前鎮、福誠、小港高中(高校)の3校の生徒や教師らと交流を深めました。高雄市政府教育局と長野県教育委員会は教育交流協力に関するMOUを締結しており、これまでにも双方の生徒らの交流がおこなわれてきました。


高雄市政府教育局は、今回の訪問では高雄市の3校の生徒17人が長野県の生徒らのホームステイを受け入れたと発表しており、前鎮高中(高校)では数学の授業への参加や、台湾スイーツの紅豆餅や湯圓の製作を体験して台湾文化への理解を深めました。

関連記事

高雄市、八王子市の中学校の給食へパイナップルを提供

昨年より2年連続で高雄産パイナップルが東京都八王子市の中学校の給食で提供され、5月9,10日の2日間で38校の約14,500人の教師、生徒が味わいました。八王子市の教育委員会は、学生へ高雄の印象を更に深めてもらう為に食農教育教材を作成、また給食のメニューに台湾グルメの「魯肉飯(ルーローハン)」や「蛋花湯(たまごスープ)」を加えました。パイナップルを味わった生徒らは「美味しい」と絶賛し、台湾語で「多

台湾大学が国際政経学院を新設、開設式典を開催

国立台湾大学の徐州路キャンパス(台北市中正区)で5月6日、2月に教育部の承認を受け新設された国際政経学院の開設式典が開催されました。国際政経学院には政治経済、ファイナンス、リーダーシップとマネジメントの学士課程、修士課程、博士課程が設置されます。開設式典には蔡英文総統や、台湾積体電路製造(TSMC)など7社の協力企業の代表らが出席しました。 蔡総統は、コロナウイルス流行以降の世界の政治経済情勢は変

台湾の12大学と九州・沖縄の11大学、国際連携のMOU締結

台湾の12大学が組織する学群学術プラットフォーム「国家重点領域国際合作聯盟(UAAT)」と、九州と沖縄の11校の国立大学法人が組織する「九州・沖縄オープンユニバーシティ(KOOU)」が4月22日、国際連携のMOUを締結し、台湾の教育部が2024年から2028年にかけて毎年5,000万台湾元(約2.3億円)の補助をおこなうと明らかにしました。MOUの調印式は福岡でおこなわれ、UAATの12校すべての

Comments


bottom of page