top of page

震災で傾いたマンション、解体作業を開始

4月3日に発生した花蓮県沖を震源とする地震で傾いた建物のひとつ、花蓮市内のマンション「天王星大樓」の解体作業が4月5日より開始されました。マンションは地上9階、地下1階建てで、79戸に住民が居住していました。2018年2月に発生した花蓮地震では、要注意(黄紙)の建物に認定されていました。今回の地震で傾いたことから危険(赤紙)と認定され、解体が決定しました。


また、花蓮県以外の場所でも築30年以上の老朽化した建物に深刻な被害が見られ、4月7日午後9時までに台北市内でも2件の建物が危険(赤紙)と認定されています。築30年を超える住宅は台湾全土で500万棟を超え、新北市には83万棟、台北市には66万棟残っています。

関連記事

熊本市からの訪問団、花蓮市で市長を表敬訪問

熊本市役所政策局からの訪問団が、6月10日に友好都市の高雄市を訪問後、11日午後に花蓮市へ到着し、魏嘉彥市長を表敬訪問しました。訪問団は4月3日の地震で被災した花蓮への慰問のほか、熊本城桜の馬場リテール株式会社からの義援金60万円と熊本市の大西一史市長からの親書を届けました。 訪問団には熊本市政策局総合政策部首席審議員の林秀典氏、危機管理災害部防災対策課参事の村上栄治氏、総合政策部国際課主幹の藤崎

花蓮市の姉妹都市の高千穂町、義援金や千羽鶴を贈る

花蓮市と姉妹都市を結ぶ宮崎県高千穂町より、隣接する日之影町や五ヶ瀬町から寄せられた義援金を含む445万円と、千羽鶴、応援メッセージを記録したディスクが花蓮市へ贈られました。高千穂町の甲斐宗之町長らがらが台北駐福岡経済文化弁事処を訪れ、同処の陳銘俊処長に手渡して花蓮への転送を託しました。 花蓮市と高千穂町は5年前に姉妹都市を締結し、交流を深めてきました。花蓮市の魏嘉彥市長は、高千穂町の花蓮への関心と

鹿児島県伊佐市、友好協定を結ぶ花蓮市へ義援金

今年1月に花蓮市と友好交流協定を締結した鹿児島県伊佐市より、被災地への義援金100万円が花蓮市の義援金専用口座へ寄付されました。4月3日の地震の発生後、伊佐市は4月4日より5月17日まで市役所内に募金箱を設置して義援金を募りました。花蓮市の魏嘉彦市長は、伊佐市と伊佐市民からの援助に深い感謝を示しています。 伊佐市の橋本欣也市長は、被災地の一日も早い復興を願っていると述べ、また、花蓮県政府や日夜救助

Comments


bottom of page