top of page

霞海城隍廟の修復工事のお知らせ

縁結びで有名な観光スポットである霞海城隍廟は今年2015年12月31日まで、 偏殿(主祀の城隍夫人ほか、菩薩、義勇公などが置かれてある所)が壁などを塗り替えるため、 修復工事が行われる予定です。 工事期間に偏殿に参拝することはできませんが、元々偏殿にある城隍夫人や菩薩などの神様は主殿に移り、主殿に参拝することとなります。 また、主殿にある月下老人の参拝に影響はありません。

同時期にご旅行&ご予定の方は、ご注意ください。

関連記事

屏東県、日本統治時代に建設の郵便局の修復を開始

台湾南部の屏東県で日本統治時代の1930年代後半に建設された郵便局「里港郵便局」が修復されることとなり、5月18日に起工式がおこなわれました。郵便局は1979年まで使用され、2015年に県政府により歴史建築に登録されました。3,000万台湾元(約1億5,000万円)以上をかけて修復され、早ければ来年末に完工予定です。修復後は展示スペースや飲食店としての活用が計画されています。

台北ドーム併設そごう百貨、飲食店エリアが30日に先行オープン

台北大巨蛋(台北ドーム)併設の遠東そごう百貨のショッピングセンター「遠東Garden City」が、5月30日に飲食店エリアを先行オープンすると発表しました。「遠東Garden City」は売り場面積3万6,000坪、台北市の中心地で最大のショッピングセンターとなります。 飲食店エリアは1,300坪のフロアに、14店舗(全1,422席)が出店します。航空会社スターラックスエアラインズと焼肉チェーン

台南州立台南農業学校の日本統治時代の木造宿舎、保存修理を開始

台南市で5月14日、旧台南州立台南農業学校職員宿舎(台南市永康区)のうち現存する4棟8戸の保存修理が開始されました。総工費1億元(約4.8億円)、修理期間は3年を予定しており、2027年に竣工予定です。台南州立台南農業学校は日本統治時代の1939年に完成しました。今回保存修理がおこなわれる職員宿舎は1943年に完成、2ヘクタールの土地に校長用宿舎と5棟10戸の主任級宿舎が建てられました。 台南市の

Comments


bottom of page