top of page

駅弁フェア、6月7日より開催

第9回目となる「鉄路弁当節(駅弁フェア)」が、6月7日から10日まで台北駅コンコースにて開催されます。昨年は来場者数41万人、売上高848万台湾元で、今年は50万人の来場と売上高1,000万台湾元の突破を目指します。今年は過去最多となる53社が国内外から出店します。


台鉄公司は、今年の第4四半期に導入予定の観光列車「海風號」「山嵐號」をイメージしたセラミック容器入りの弁当を発売すると発表しました。鰻の蒲焼をメインに使用した「海風號」と、チェリーダックと和牛をメインに使用した「山嵐號」、いずれも1つ999台湾元で、1日各100食限定の販売です。

関連記事

台湾のオーケストラ「湾声楽団」、熊本公演で地元高校生と共演

台湾のオーケストラ「湾声楽団」の「世界十大音樂廳展演計画(世界十大ホールツアー計画)」の1カ所目となる東京公演が、今月21日にサントリーホールでおこなわれます。それに先立って19日、台湾積体電路製造(TSMC)関連企業の支援による熊本公演が熊本県立劇場コンサートホールでおこなわれます。地元高校の合唱団と共演し、「さくらさくら」と「荒城の月」、中国語で「小城故事」が披露されます。 湾声楽団の音楽監督

カヤックで花蓮から石垣島を目指すテレビ企画、挑戦成功

4月29日の記者会見で発表されたカヤックで台湾の花蓮から沖縄県の石垣島を目指す台日合作のリアリティー番組「上船了各位!」で、企画に参加した台湾の芸能人7人が6月11日に挑戦に成功し、石垣島に到着しました。13日に記者会見がおこなわれ、台湾日本関係協会の蘇嘉全会長、沖縄県の池田竹州副知事、応援団長として番組に参加した実業家のROLAND氏らが出席し、鏡開きで成功を祝いました。番組は台湾では7月20日

福島県三島町の工芸品展、国立台湾工芸研究発展センターを招待

6月8,9日に福島県三島町の生活工芸館で開催された第38回「ふるさと会津工人まつり」に、三島町の招待を受け国立台湾工芸研究発展センターが工芸品を展示しました。双方は昨年9月に友好交流協定を締結しています。 国立台湾工芸研究発展センターは「地域コミュニティの工芸品」をコンセプトに、台湾の柿渋染め、イグサ、稲わら、月桃、竹などを使った編み細工、噶瑪蘭族、阿美族、太魯閣族などの先住民族の織物などを展示し

Comments


bottom of page